1. まとめトップ
  2. 雑学

CDの発売日が世界で金曜日に統一!何故統一されたの?

CD・アルバムの発売日が全世界で金曜日に統一されることになったようです。何故統一されたのか?メリット・デメリットは何なのか?まとめます。

更新日: 2018年02月03日

91 お気に入り 150546 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yougomywayさん

◆CDシングル・アルバムの発売日が世界で「金曜日」に統一!

世界の音楽団体を代表する組織である「国際レコード産業連盟」(IFPI)は、世界中で「金曜日」を共通のアルバムリリースの日とすることを発表しました

今後は世界45カ国以上で、現地時間の金曜午前0時01分に新曲がリリースされる。

アメリカやヨーロッパでは7月10日から金曜日に統一される。各国のレーベル、販売業者、アーティスト、音楽業界関連組合、チャート調査制作会社などとの調整を進めてきたという。

「今回の措置は主に消費者のみなさんのためのものなのです。各国で行われたさまざまな調査を通して、消費者からは新譜を購入したいのは金曜日か土曜日だという声が多かったことがわかりまして、今回のキャンペーンにつながったわけです」

IFPI代表のフランシス・ムーア氏の言葉。

◆何故世界で統一されることになったのか?

1.国境を越えたプロモーションの増加

アーティストがソーシャルメディア上で新曲プロモーションを行うなど、音楽ビジネスが国境を越えて広がっていることがリリース日統一の背景にある

アーティストは、国別の発売日に悩まされることなく、アルバムリリースのプロモーション戦略を発売日の金曜日をベースに作ることが可能になります。これにより、どの時期から音楽ストリーミングを始め、動画を公開してなどの活動が世界ベースで実施できます。

よりグローバルな活動がしやすくなるメリットがあるみたいですね!

2.違法ダウンロードの抑制

リリース日の相違が、先にリリースされた地域での違法ダウンロード行為を助長し、アルバム売上の低下の要因を生み出していることが、音楽業界が今回の決断に至った理由の一つです。

発売日のずれが著作権侵害を助長する存在だったとしても、リリース日を統一したところで違法ダウンロード対策として効果が上がるかどうか。著作権侵害を食い止めることが出来るかどうか。

その国の午前0時から発売するということは、結局各国で発売日がずれると思うのですが、どうなのでしょう?

◆一部では反対意見も出ている!

世界最大の音楽市場である米国では、一部小売業者らが反対している。現時点においても週末は混雑するため、客足が鈍い火曜日に消費者を呼び込みたいというのがその言い分だ

客足の分散化は、小売業者にとっては死活問題ですもんね。

デジタルの世界に向けて協力体制が必要なことは認める。だが週の中で二度あるチャンスの一つを捨てて、さらに前の週の間違いを修正する機会を放棄することはクレイジーとしか思えない

イギリスで最大のインディーズレーベル・グループ「Beggars Group」のトップ、マーティン・ミルズさんの意見

ムーア氏は、別の曜日に発売するケースが生じたとしても、法理上の問題はないとの見解を述べた

法律上問題ないんかーい!
どれだけ浸透するかが、気になりますね。

◆対象となる国は?日本も対象??

今回の統一については45か国が応じることになっていて、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、オーストラリアなどが金曜日リリースへと体制を改める

これまでは英国とフランスでは月曜日、米国では火曜日、日本では水曜日、オーストラリアとドイツでは金曜日にアルバムがリリースされることが一般的となっていました

アジアでは今回のリリース日変更を見送る国が多く、日本では邦楽アーティストについては従来通り、水曜日のままになるという

邦楽については、まだ当面は水曜日のままみたいです。

◆ネットでも賛否両論!

CD発売日を金曜日に統一って事はフラゲ日は木曜日か。私的にはそちらの方が有難い。気持ち的に…

アルバム・シングル発売日、世界で金曜日に統一 | エンタテインメント | Reuters jp.reuters.com/article/entert… 日本は水曜日、英仏は月曜日、北米は火曜日と新曲のリリース日がバラバラだったのを統一するらしい。でも今すぐにと言われても無理なんじゃないのw

アルバム・シングル発売日、世界で金曜日に統一 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150710-… 「現地時間」の時点であまり意味がないような

1 2