1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

マックの明かりを頼りに『路上で勉強する少年』が反響を呼んでる

火災によって住む家を失った後、夜の舗道でマクドナルドの店舗から漏れる明かりを頼りに勉強するフィリピン人少年の写真が、ネットで大きな反響を呼んでいます。

更新日: 2015年09月11日

113 お気に入り 89166 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

justastarterさん

◆夜の路上で必死に勉強する少年の姿がネット上で人々の共感を呼んでいる。

学校には通っているが、夜になると電気がないため、マクドナルドの窓から漏れる明かりの下に木の小さな椅子を置き、そこに本を広げて宿題をしている。

◆この少年は、フィリピン中部セブ島のマンダウエに暮らす9歳のダニエル・カブレラ君

カブレラ君は、住んでいた小屋が5年前に火災で焼失して以降、母親ときょうだい2人と共に母親の勤め先の小さな雑貨店で暮らしている。

カブレラ君が勉強に利用しているマクドナルドの店舗は、仮住まいとなっている雑貨店の近くにあるとのこと。

母のエスピノサさんが雑貨店の従業員と雑貨店店主の家事手伝いで1日に稼ぐ収入はわずか80ペソ(約220円)。

彼の母親や兄弟がこの場所で通行人からお金を恵んでもらっている姿を、マクドナルドのマネージャーはよく目にしているという。

マクドナルドのエリアマネージャーは「彼らはときどき、水をもらいに来るので差し上げています。ダニエルはおもちゃが欲しいようなので、テストで良い点を取ってきたら、弟の分と一緒におもちゃをあげるよ、と言っているんです」と語る。

◆彼のそばをたまたま通りかかった医学生がその姿に感銘を受け、写真を撮ってFacebookに投稿した。

投稿者のGilosさんの話によれば、少年から「家に電気が通じていないから、街灯の下で勉強をする」と教えられたそうだ。

話題となった写真は先月、大学生のジョイス・トレフランカ(Joyce Torrefranca)さんさんが交流サイト(SNS)のフェイスブック(Facebook)に投稿したもの。

この写真を撮影したジョイスさんは、セブ医科大に通う女子大生。

Gilosさんは「非常に衝撃を受けた。学生として、彼は私が学ぶ模範になる。私は一生懸命に勉強する者ではないが、彼は私の心を打った」と書いた。

写真は瞬く間に6千回以上もシェアされ、「当たり前だと思っている今の生活に感謝しなくては」「不自由なく学校に行けたのは幸運だったからなんだ」と、多くの人が思いを綴っている。

◆この彼の姿がネット上で反響を呼び、多くの「寄付」が集まっているらしい。

少年の姿はインターネットで大きな反響を呼び、少年への寄付が殺到している。

「マクドナルドはダニエルに奨学金を与えるべきだ」という意見もあるが、現在は慈善団体への連絡、クラウドファンディングの起ち上げなど、ダニエルのためにできることを彼の姿に感銘を受けた人々が模索している。

この少年の勤勉さが世界中に報道されると、寄付や学用品の支援が地元の政治家や社会福祉施設などへ次々と舞い込むように。一躍貧困層のスターとなったダニエルくんはメディアのインタビューに対して「将来は警察官になりたい。フィリピンを救いたいんだ」と語った。

母親のクリスティナ・エスピノサ(Christina Espinosa)さん(42)はAFPに10日、現金や学用品、大学奨学金などの寄付を受けたおかげで、カブレラ君の警察官になる夢を実現できそうだと、喜びを語った。

エスピノサさんは「お金がないので昼食代を渡せなくても、学校には絶対に行くと言います」「いつも私に『ママ、僕は貧しいままでいたくない。夢を実現したい』と言うんです」と語った。

◆彼の姿はここ日本でもtwitterに投稿され話題となった。

フィリピンの9歳の少年。 家が貧しくて電気代を払う余裕ないから マクドナルドの灯りで勉強してる。 机もないからベンチで勉強してるって 「疲れた」とか言って しまいには寝てしまう自分がバカみたい。 テスト勉強がんばりましょ pic.twitter.com/QlgFDvdwiX

やばい、現代版蛍雪の功 すごいなこの子 自分なんて…… twitter.com/gootomoo0419/s…

1 2