1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

クジラにハート♡冥王星へのロマンが止まらない!

9年前にNASAより打ち上げられた無人探査機「ニュー・ホライズンズ」が冥王星に接近中!現在も届いている画像データを見ると「クジラ」に「ハートマーク」とロマンが止まりません。

更新日: 2015年07月11日

67 お気に入り 69849 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

apricothomeさん

NASA、冥王星に接近中!

米航空宇宙局(NASA)は8日、接近中の無人探査機ニューホライズンズが約800万キロの距離から撮影した冥王星の画像を公開

謎のベールに包まれていた冥王星の画像がついに!

地球から約48億キロ・メートル離れ、時速約5万キロ・メートルで飛行。初めて詳しい探査が行われる冥王星からどんな画像やデータが届くか、研究者や天文ファンが見守っている

気の遠くなるような遠さ!9年で接近できたことがすごい!

地球から冥王星まで、光の速度で5.5時間って言われると、スゲー遠いと理解出来る。

すごいですよね!

ニュー・ホライズンズは2006年1月に打ち上げられた、初の太陽系外縁天体を観測するための無人探査機。今年の7月半ばに冥王星に急接近します。

冥王星(プルート)とは?

1915年には 、アメリカの天文学者パーシバル・ローウェルが冥王星めいおうせいの存在を発表。その後、ローウェル天文台のトンボーによって1930年2月18日に発見

名前はローマ神話で冥府の王であるプルートーのことであり、太陽系最深部の暗闇に存在する冥王星のイメージを象徴

なんか格好いいですね。。。!

左奥が地球、右前の灰色のもの(Pluto)が冥王星です。
火星・水星よりも小さい!

大気組成は窒素が約90%、メタンが約10%とこの二つで大部分を占めており、ごく低い濃度で一酸化炭素も含んでいる

太陽系外縁天体内のサブグループ(冥王星型天体)の代表例とされる、準惑星に区分される天体である。2006年までは太陽系第9惑星とされていた。

太陽系から外されたときは、大きなニュースになりました。

「水金地火木土天海冥」と覚えていましたね。。。

「カロン」という衛星もいる。

※画像では見にくいですが、左にある小さな点です。

冥王星の「クジラ」とは?

冥王星にハートマークとクジラ⁈なんだか、ロマンチック。

クジラが住んでる??
いえいえ、そういうわけではもちろんありません。

ちょっと見づらいですが、この地図の左側にある黒い部分をNASAが「クジラ」という愛称で呼んでいるそうです。(正式名称ではない)
左側にドーナツっぽいのも見える、とも言われていますが、わかりますか?

地図の左の黒い部分は「クジラ」と呼んでおり、その右には凍ったメタンなどが含まれる可能性がある明るい部分がある。

白い部分はメタン等の可能性があるとのこと。
しかし、まだ判明はできていない。

光と影の明暗によってそう見えるだけなのかもしれないし、一時的な堆積物という可能性も

近づくと、また違う形になることもおおいに有りえます。

届いた映像で見つけた冥王星の♡

右の方に♡マークが!

地表に横幅が約2千キロに及ぶ巨大な白っぽいハート形の地形があるのが見える

かわいらしいねw。冥王星といえばセーラープルート。結構好きだったなぁ。なんとなく冥王星が好きなのは、その影響もあるかもしれんね。

いましたね、セーラープルート!

冥王星のハートは最接近で解像度高い画像が出てきたらガッカリするんだろうな

さらに解像度の高い画像がもうすぐ届くのですが、やっぱりそうなっちゃうかもしれませんね

冥王星の鮮明な写真をいよいよ見ることができるのか〜 楽しみだ(^_^) 今まで望遠鏡からのぼやけた画像やCGしかなかったんだよね!

がっかりよりも、わくわくしちゃうかも♪

今後のニュー・ホライズンズの予定は

ニューホライズンズは14日に同じ側の地表から約1万2500キロ上空を猛スピードで通り過ぎる予定。NASAの研究者は「これより500倍も詳細な画像が撮影できるはずだ」と期待

500倍!これは期待!

ただ冥王星系はダストリングの存在説もあり、その辺のリスクは高まっていくと考える

ダストリングとは星の周りにリング状に散らばっているチリのこと。(土星の輪のような)

1 2