1. まとめトップ

夏到来 犬も熱中症に気をつけよう

熱中症になるのは人間だけじゃない! 愛犬家としての知識を身につけよう

更新日: 2018年07月24日

1 お気に入り 853 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

犬も熱中症になるの?

「基本的には、動物も人間と同じで、高温多湿で風通しが悪いところや、エアコンのついていない締め切った部屋、車内などで、長時間いたり、そういう場所で激しい(興奮するような)運動をしたときです。30度を超えるようなときに散歩する場合も気をつけてください。直射日光だけでなく、地面からの照り返しもあります。犬は、人間よりも地面に近いので影響を受けやすいです」

親戚が飼ってた小型犬、普段は冷房入れて外出してたのに、うっかり忘れて外出しちゃった数時間で熱中症になって死んじゃったと聞いてるから、夏の間は冷房入れてあげて… これは数年前のまともな暑さの年の話だから、今年の猛暑では人も動物も日本全国ヤバいよマジで

【熱中症に弱い犬種】

・短頭種

短頭種は呼吸器系が弱い犬種のため、口から熱を逃がしづらく、熱中症になりやすいといえるでしょう。

フレンチブルドッグ、ボストンテリア、ボクサーや、アジア系の短頭種であるシーズー、チベタンスパニエル、チャウチャウ、パグ、狆(ちん)、そのほかヨーロッパの犬にアジアの短頭種を掛け合わせたキングチャールズスパニエル、ブリュッセルグリフォン、などがいます。

・寒い地域が原産の犬

防寒対策のため毛が二重になっている子が多く、熱がこもってしまいがち。よって熱中症のリスクも高まってしまいます。(シベリアンハスキー・サモエドなど)

・身体的に弱い犬

太っている子、老犬や老猫、そして子犬や子猫も、呼吸器系が弱い可能性があるため、熱中症に対してはより一層の注意が求められます。

・性格的に興奮しやすい子

。遊ぶことに夢中になってしまい、お水を飲むことを忘れてしまうなどのケースも少なくありません。

【犬が暑さに弱い理由】

犬には「汗腺」が肉球にしかなく、私たちのように汗をかいて体温調節をすることがほとんど出来ません。

汗腺が肉球にしかない犬に比べ、人間の皮膚に は、150万もの発汗器官があり、体の過熱化を防いでくれています。どれだけの違いかがわかります。
また肉球が汗をかく理由ですが、本来の目的は肉球を乾燥から守るためです

また、犬は全身に毛皮を着ている状態ですから、身体に熱気がこもり易いんですね。
特に黒毛の犬は日光を吸収しやすいので、あっという間に体温が上がってしまいます。

体温が上がると「ハアハア」と舌を出して速い呼吸(パンティング)で水分を蒸発させて体温を下げようとするのですが、日陰にいても湿度が高い場所では水分が蒸発しにくいので、うまく体温調節が出来ずに「熱中症」になる場合があるのです。

体温調節のほとんどを呼吸に頼らざるを得ないため、その分、人間よりも高温多湿の環境に弱く、特に水を充分に飲めずない場合や排尿をがまんしてしまう環境下では、熱中症になりやすいといえます。

【熱中症の予防方法】

■1:温度を適温に保ってあげる

愛犬を暑い車内や閉めきった室内などで留守番させるのは、絶対にNGです。

車の中は気温があがりやすく、たった数秒エアコンを切っただけで熱中症になる恐れがあります。

とはいえ、私たちは愛犬を置いて出かけなくてはいけない用事が多々ありますよね。
そんな時は、気温の高い日中は車で一緒に出かけない、自宅で留守番させるときはエアコンをかけたままにする、などの工夫をして愛犬の熱中症対策を意識してください。

日差しの強い場所も熱中症の危険があるので、カーテンを閉めて出かけるといった心がけも大切です。

犬に涼を与える意図では、扇風機はほぼ効果ないと言われてます。 エアコンで空気を冷やしてください。 エアコンが万一止まった時のために、水入りペットボトルを凍らせたものをタオルに包んで、犬の側に置くと安心です。 熱中症で入院すると何万円もかかりますし、そもそも予後も良くないそうです。。

また、気を付けたいのはキャリーバッグ。
暑い日になるとペット用のキャリーバッグの中はムシムシとした環境に。
通気性に気をつけるほか、冷たいシートを敷いて熱中症の予防対策をしっかり行ってください

ゲージ飼いの場合はゲージを直射日光に当たらないところに設置したり、涼しく過ごせるようにクールマットなどを用意してあげましょう

クールマットは咬み癖のない仔のみ使用してください

■2:散歩に出かける時間帯に気をつける

気温が高い夏の散歩は、時間帯に注意してください。
真夏のアスファルトは驚くほど高温になっています。
犬は人間に比べてアスファルトに近い位置で歩くこともあり、照り返しの影響をとても強く受けます。散歩は早朝や、夕方以降にするのがオススメです。
ただ、夕方早い時間だと、まだアスファルトが完全に冷えておらず、弱ったわんちゃんだとそれだけで熱中症になる危険性もあるので、散歩の前には愛犬の体調にも留意してあげてくださいね。

1 2