1. まとめトップ

神アンプ!コスパ最強な格安中華オーディオアンプ『LP-2020』&『LP-2024』その驚異的な実力

買って損なし、アマゾンランキングで1位を取り続け、オーディオマニアから絶賛される神アンプ、LP-2020とその後継機LP-2024をご紹介

更新日: 2016年09月18日

ponpokopunさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
30 お気に入り 88130 view
お気に入り追加

アマゾンランキングでずっと1位を取り続け、オーディオマニアからも絶賛される神アンプ、LP-2020とその後継機LP-2024をご紹介

いま、iPhoneからLP2020でDM鳴らしてるけど恐ろしく音が良いわw

▼そもそもなぜこのアンプがこんなにも注目を浴びているのか?

数十万円のコンポ程度の音が出る!
と言うと言い過ぎかもしれないが 4,000円以下のアンプとは思えない音が楽しめる。
1万円以上のPC用アンプ内蔵スピーカーとは 全く比べ物にならない!

▼なぜ安いにも関わらずすごい音がだせるのか?

どうやらこの製品に使われているICチップ Tripath TA2020-020 というのが、数年前にオーディオ界で話題になったようなのだ。

TA2020は初めはキットで販売されていてマニアたちが作り始め、「音がいい」と評判が評判を呼び、中華が安く組み立てて製品として販売するに至った。

▼では、実際のLP-2020Aの使用者の感想は??

『LP-2020A』をスピーカーに繋げて音を出してみると

「えっ!音きれい!!何これ!?」

ものすごく音が良いんです。外観の安っぽさに、すこし面くらい全く期待していなかったもんだからビックリ。

非常にクリアで聴きやすい!これは満足度が高い!

さすがにウン万円のアンプに匹敵するかと言われるとそれは無理ですが、
TOPPING TP10のような安いだけの製品とは比較にならない音質だと感じました。

▼評判はかなり良いようです、秋月スピーカー『F77G98-6』との組み合わせはコスパ的に最強かもしれません

▼さらにはこのアンプを改造して高音質を求める人も

1 2





ponpokopunさん

このまとめに参加する