1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

砂糖という存在の正体」の衝撃 : 単糖は「重要な腸内微生物を腸内から《消し去る働き》」を持っていたことが米国の研究で判明

腸内細菌に必要な物質の産生を停止させた糖
・フルクトース(ブドウ糖)
・グルコース(果糖)
・フルクトース(ショ糖)
・ガラクトース(乳製品に含まれる単糖)
・これらの組み合わせ

【なんだって〜!】業界が利益を守るために否定的な研究を隠すことで、長期間にわたり消費者をだましてきたとしている。米カリフォルニア大の研究者が、米イリノイ大などに保管されていた業界団体「糖類研究財団」(現・砂糖協会)の内部文書を調べ… twitter.com/i/web/status/9…

肌のコラーゲンを壊す

「タバコ吸わないから大丈夫」と安心して砂糖のたっぷり入ったスイーツをパクパク……なんてダメ! 

なんと砂糖は、肌をみずみずしく保つコラーゲンやエラスチンに含まれるタンパク質を壊す働きを持つそうです。また、体内のアンチオキシダントの働きを止めてしまうそうです。砂糖を食べると、タバコと同じくらいオバ顔まっしぐら……になってしまうのですよ!

糖入り甘味飲料を原因とする死者数は、世界で年間最大18万4000人に上るとの研究結果が、6月29日の米医学誌「サーキュレーション(Circulation)」に掲載された。

 糖分の多い飲み物の摂取に関連する、糖尿病、循環器系疾患、がんによる世界の死亡リスクを分析した初めての研究になるという。

 研究チームの試算によると、論文中で「糖入り甘味飲料」と呼ばれているものの摂取に起因する糖尿病での世界の死者数は約13万3000人に上るという。また、循環器系疾患では同約4万5000人、がんでは同6450人と試算された。

 論文執筆者の米タフツ大学(Tufts University)のダリウシュ・モザファリアン(Dariush Mozaffarian)氏は「世界の多くの国では、単一の食事要因によって多くの死者が出ている。その要因とは糖入り甘味飲料だ」と述べ、「食事から糖入り甘味飲料を大幅に削減または排除することを、世界規模の優先事項にするべきだ」と指摘する。

1:心臓疾患・糖尿病に罹りやすくなる

「心臓病と糖尿病がどう関係あるの?」と思うでしょうが、大アリなのです。

砂糖は血糖値を上げることで、血液の中で過度なインスリンを発生させてしまうそう。そうなると動脈に負担がかかり、その結果高血圧になって心臓疾患に繋がってしまうというわけだそうです。

糖尿病の患者には、心臓疾患を患う人が多いといいます。

また、1日に摂取して良い砂糖の量をオーバーして、150calの砂糖を摂るごとに、糖尿病の確率が1.1%上昇するそうです。スイーツは、たまの楽しみ程度にしておきましょう。

1