1. まとめトップ

小百合、二宮抱きしめた「本当の息子みたい」12月12日公開映画「母と暮せば」

女優の吉永小百合(70)と嵐の二宮和也(32)が親子役で初共演する山田洋次監督の新作映画「母と暮せば」(12月12日公開)の撮影現場が10日、長崎・カトリック黒崎教会で公開された。

更新日: 2015年07月12日

3 お気に入り 1764 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

女優の吉永小百合(70)と嵐の二宮和也(32)が親子役で初共演する山田洋次監督の新作映画「母と暮せば」(12月12日公開)の撮影現場が10日、長崎・カトリック黒崎教会で公開された。
吉永が「顔も似て、私の本当の息子じゃないかしら」と真顔で話すなど相思相愛の2人。二宮の演技に感動した吉永が思わず“息子”を抱きしめたエピソードも。

スポーツ報知 7月12日(日)4時3分配信

「母と暮せば」長崎ロケ撮了 小百合、二宮を「本当の息子かと…」(スポニチ)bit.ly/1O2g6Rp 二宮も「そう言っていただけて、出て良かったと思う」と感激の面持ち。吉永を「さゆゆ」と呼んでいるとコンサートで漏らしたが、「若気の至りでした」と、これには苦笑…

山田洋次「母と暮せば」、吉永小百合&二宮和也が長崎で“トロンと甘く”撮影中(映画ナタリー)bit.ly/1CxGSzM 「初めて会ったその日から、もしかしたら本当に自分の息子なんじゃないかと思うくらい寄り添って演じることができました。かわいい息子です」

小百合、二宮抱きしめた「本当の息子みたい」12月12日公開「母と暮せば」(スポーツ報知)-Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150712-… 2人が座った状態から立ち上がるとき、和装の吉永が立ちやすいよう、二宮はカメラに映らない角度でそっと吉永の右肘を支えていた。

山田洋次「母と暮せば」、吉永小百合&二宮和也が長崎で“トロンと甘く”撮影中/映画ナタリー natalie.mu/eiga/news/1536… 山田は「本当にお2人は甘ーいんですよね。(略)時として恋人に見えるような甘さ、そういう独特の母子の物語になりえているのではないかと思います」

女優・吉永小百合(70)と嵐・二宮和也(32)が、山田洋次監督(83)の最新作となる映画「母と暮せば」(12月12日公開)の長崎ロケを、このほどカトリック黒崎教会で行った。
初共演の二宮と親子を演じた吉永は「本当の私の息子と思うくらい寄り添えた」と、出会いに感激。二宮も「優しいお母さん」だったと明かし、二宮の芝居に感動した吉永から抱擁された至福体験を明かした。

デイリースポーツ 7月12日(日)4時0分配信

女優の吉永小百合(70)と嵐の二宮和也(32)が親子役で初共演する山田洋次監督の新作映画「母と暮せば」(12月12日公開)の撮影現場が10日、長崎・カトリック黒崎教会で公開された。吉永が「顔も似て、私の本当の息子じゃないかしら」と真顔で話すなど相思相愛の2人。二宮の演技に感動した吉永が思わず“息子”を抱きしめたエピソードも。また先ごろ、二宮は吉永を「さゆゆ」と呼んでサユリストに衝撃を与えたが、意外な真相を明かした。

2015年7月12日(日) 5時16分掲載

女優の吉永小百合(70)と嵐の二宮和也(32)が親子役で初共演する山田洋次監督の新作映画「母と暮せば」(12月12日公開)の撮影現場が10日、長崎・カトリック黒崎教会で公開された。吉永が「顔も似て、私の本当の息子じゃないかしら」と真顔で話すなど相思相愛の2人。

2015年7月12日(日) 5時6分掲載

吉永小百合と嵐の二宮和也が初共演で親子を演じる、山田洋次監督最新作『母と暮せば』の長崎ロケが行われ、吉永らキャスト陣や山田監督が万感の思いを語った。
広島を舞台にした戯曲「父と暮せば」などの井上ひさしさんの遺志を受け継いだ山田監督が、長崎を舞台にした本作は、助産師の伸子(吉永)の前に、3年前原爆で失ったはずの息子・浩二(二宮)が突然現れ、楽しかった思い出やかつて将来を約束した恋人・町子(黒木華)の話をして過ごす日々を描くファンタジー。

シネマトゥデイ 7月12日(日)4時0分配信

7月10日、山田洋次監督作「母と暮せば」の撮影が長崎・黒崎教会で行われた。このたび監督の山田をはじめ、吉永小百合、嵐の二宮和也らキャストからコメントが到着した。
「母と暮せば」は長崎を舞台としたファンタジードラマ。1948年8月9日、助産師として暮らす伸子の前に原爆で亡くしたはずの息子、浩二が現れる。2人は昔話や浩二の恋人の心配をしながら楽しい日々を過ごすが、幸せな時間は永遠には続かない。吉永と二宮が親子役で初共演を果たし、2人の奇妙で穏やかなひとときを山田が幻想的に描き出す。

映画ナタリー 7月12日(日)4時0分配信

山田洋次監督の新作映画「母と暮せば」のロケが長崎市の黒崎教会であり、主演の吉永小百合さんらが撮影に臨んだ。
原爆投下から3年後の長崎が舞台で、吉永さん演じる母の前に、原爆で死んだはずの息子が現れるストーリー。10日のロケでは、吉永さんと息子役のアイドルグループ「嵐」の二宮和也さんが、教会内を寄り添って歩くラストシーンが撮影された。同教会の信者らもエキストラで参加した。

毎日新聞 7月12日(日)4時0分配信

女優の吉永小百合(70)と嵐・二宮和也(31)が親子役で初共演する山田洋次監督の最新作「母と暮せば」(12月12日公開)の第1弾ポスターと特報(予告編)が28日、完成した。5月2日よりお披露目される。
長崎の原爆投下で逝った医学生の息子・浩二(二宮)が、助産師の母・伸子(吉永)のもとに現れては励まし、語り合う。広島を舞台に父娘を描いた「父と暮せば」を代表作に持つ井上ひさしさんの遺志を継ぐ山田監督の初のファンタジーだ。

2015年4月29日6時0分 スポーツ報知

女優、吉永小百合(70)が主演する映画「母と暮せば」(12月12日公開)のロケが長崎市・黒崎教会で行われた。戦後70年に原爆の被害を受けた長崎を舞台にした物語で、山田洋次監督(83)の強い希望で同所でのラストシーンの撮影が実現。
吉永は長崎へ思いをはせる一方、現場の“アツアツ”エピソードも披露。吉永の息子役の嵐・二宮和也(32)と「和也さん」「サユユ」と呼び合った。

サンケイスポーツ 7月12日(日)5時0分配信

女優の吉永小百合(69)が10日、東京・千駄ケ谷の津田ホールで東日本大震災からの復興を願った朗読会「祈るように語り続けたい 第二楽章 福島への思い」を行った。吉永は約30年前より原爆詩の朗読を続けてきたが「忘れることと無関心が一番怖い」と、今後も被災者の詩を読み、発信していくもう一つのライフワークにする揺るぎない決意を語った。

2015年3月11日6時0分 スポーツ報知

10代最後の昨夏、エリザベス女王から勲章までもらってしまう世界的演出家と、掛け替えのない時間を過ごした。5人グループ嵐のメンバー二宮和也(19)。舞台演出家の蜷川幸雄氏(67)が21年ぶりにメガホンをとった映画「青の炎」(15日公開)で主演を務めた。映画初挑戦のアイドルは、厳しい演出で知られる百戦錬磨の名将のもと、精かんな若武者になった。

嵐の二宮和也(32)が幽霊役で出演するファンタジー映画「母と暮せば」が、もっか撮影中だ。嵐随一の演技派と言われる二宮が初出演する山田洋次監督作品。吉永小百合と母子役を演じることもあり、注目度は高い。
二宮はこれまで蜷川幸雄、倉本聰、クリント・イーストウッドら演劇界、ドラマ界、映画界の重鎮たちと仕事をしてきた。いずれも二宮の自然体の演技にほれ込んで抜擢された。おかげで出演作はいずれも評価が高く、その高い評価を聞きつけて次のオファーが舞い込んでくる繰り返しで、役者・二宮の評価も右肩上がりを遂げた。

Posted on 2015年6月25日 5:59 PM

1 2