1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

気になる部屋の臭いを全部解決!「部屋の消臭ケアの基本」

あなたの部屋、臭っていませんか?家の中には、臭いの原因になるものがたくさんあります。自分では気づかなくても、訪れるゲストはとても気になっているかも。今すぐできる消臭ケアで、1年中いい香りのする家を目指しましょう。

更新日: 2015年12月15日

mimaniさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2236 お気に入り 715851 view
お気に入り追加

■部屋のニオイ気になりませんか?

部屋には油・汗・たばこ・ペットなど、いろんな「におい」が漂っています。これが空気の流れによって混ざると、とんでもない臭気になります。どこにいても空気が悪い、なんてことになりかねません。

部屋が臭くなる原因は色々なところにあります。
ひとつひとつ対策をとらないと、ニオイが混ざり合って大変なことに。

気温や湿度が高い夏は、特に気になります。

よそ様のお宅に訪問した時に、そのお宅の匂いが気になった事はありませんか?玄関を開けるとその家独特の匂いがするものです。でも中には「わあ、いい匂い!」って思う家もあり、そんな家は部屋に入る前から「素敵なお宅だな」と好印象を感じるものです。

いわゆる生活臭。
自分では気づかないニオイも、他人からするととても気になるものです。
体臭と同じように、お部屋のニオイはその人のイメージを決めてしまいます。

訪れる人に不快感を与えないためにも、部屋のニオイケアはとても重要です。

■玄関編

お客様が初めに「その家のニオイ」を感じる場所が「玄関」。ここで、モワァ~~と悪臭を感じてしまうと、「家の第一印象」が一気に崩れます。人との出会いでも最初の印象がその後のイメージを左右するように、玄関の消臭をしていないと「何だかクサい家だった」という、悪いイメージを与えてしまいます。

第一印象を決める大切な玄関。

「下駄箱や玄関の臭いには置き炭が有効。炭は細かい穴がたくさんあり、穴の中を含めた表面全体が臭いを吸着してくれます」

炭を配合した下駄箱用消臭剤なども売られています。

靴箱にはにおい取りの為に重曹や使用後のコーヒー豆(電子レンジで加熱して湿気をとったもの)を入れた小さな瓶にガーゼで蓋をして置いてます。また履いた靴の湿気等も匂いの素になる様な気がするので、お菓子や薬の袋に入っているシリカゲルを入れてます。

入れる袋を工夫すれば、オシャレなインテリアとしても。

やはり換気が一番効果があります。においの元が明らかな場合は、消臭スプレーも効果があります。天気のいい週末には靴箱の靴をすべて表に出し陰干ししています。玄関のにおいけしには効果大です。

湿気がこもると臭いがきつくなるので、換気はとても重要。

■キッチン編

排水溝に重曹をたっぷりと入れて1時間ほど置きます。しつこい汚れがある場合には、汚れの上にティッシュを乗せて酢をスプレーするといいでしょう。1時間ほど経ったら、排水溝に温めた酢をかけ、その後に熱湯を流せば完了です。これだけでも、排水溝の悪臭は消えます。

脱臭剤配合のゴミ袋でラクラク消臭
ゴミ袋に消臭成分が練り込まれているので、生ゴミを入れて閉じてしまえば、嫌なニオイをシャットダウンしてくれます。

キッチンで一番気になる臭いは生ごみです。
最低でも1日1回は捨てるようにして、悪臭を留まらせないことが大切。

例えば焼肉の臭いなら、すぐに鉄板の油をキッチンペーパーなどで拭き取り、水を張って加熱しつつ換気扇を回せば、蒸気が臭いを外に運んでくれます。

濡らしたタオルを手に持って部屋の上のほうでブンブン振り回してください。つまり“人間換気扇”です。濡れたタオルがニオイを吸着してくれるので、換気扇を回すだけよりも素早くニオイを消すことができるのです。

急な来客で今すぐどうにかしたい時の裏ワザ。

■リビング・寝室編

リビングは、最も多くの種類の匂いが混ざりやすい場所です。人の息や体臭。タバコ臭、ペット臭…。キッチンとつながっている場合などは、食物や調理による匂いも関係します。匂いの量は微量でも、たくさんの匂いが混ざりあったり室内にこもることで不快臭となることがあります。

「洗濯物の生乾きの臭いはエタノールなどをスプレーすると消臭できます。霧状のスプレーが出る容器に、無水エタノールを2倍に薄めて入れておくと便利。空気には霧状のものがよく効きます」

カーペットに掃除機をかける時、カーペットに重曹をまぶしておくと、静電気をつきにくくさせると同時に、消臭効果も得られます。

手でしっかりもみこみ、できれば一晩たってから掃除すれば、より効果的です。

重曹が臭いを吸着してくれます。

洗濯機でカーテンを丸洗いをするのはちょっと大掛かりです。
ふだんのお掃除に取り入れられる方法なら、掃除機とクエン酸水スプレーがおすすめです。
クエン酸水には除菌と消臭効果があるので、シュッとひと拭きすれば、カーテンがクリーンに保たれています。
たばこの臭いも中和して消してくれます。

クエン酸水:水1カップ(200ml)に対し、クエン酸小さじ2分の1

ソファーは、拭けるものは拭くだけでも変わりますが、カバーをかけて、カバーの洗濯をすることで臭い対策ができます。

拭くときには、エタノールなどを使用する、重曹を溶かした液体を使用することで、臭いの対策はしっかりとできます。

■寝具編

シーツやマット、枕、布団などはできるだけ丸洗いできるものを選び、定期的に洗濯するとより臭い対策ができます。消臭をするには、臭いの元を取り除くことが一番です。寝具についた汗や皮脂、汚れを洗濯して取り除くことで、臭いの発生源をなくしましょう。

生乾きだと臭いが発生してしまうので、しっかり乾かしましょう。

1 2