1. まとめトップ

はわわ、恐ろしいのです! 艦これ黎明期の騒動・事件・炎上まとめ!

2013年~2014年に、艦これ界隈で起きた9つの大きな騒動について経緯を簡単にまとめました。騒動を起こした人によって、騒動に対しての釈明や謝罪の仕方が全然違っていて、人間性が現れているようで面白いです。大手2chまとめブログ管理人、公式絵師、攻略ブログ管理人などの騒動に興味のある人は必見!

更新日: 2017年04月07日

2 お気に入り 113720 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

noradogさん

2013年10月 運営の間違いを指摘するも返り討ちに!わけ有りソース事件!

艦これ運営Twitterに対して、とある人物が『ゲーム内で左舷を「ひだりげん」と読んでいる艦娘がいるが「さげん」と読むのが正しい』と指摘した。運営は「ひだりげん」と「さげん」のどちらも正しいと説明するが、その人物は「わけ有りでソースが出せないのですが」と言い訳しつつ、自分の主張を押し通そうとした。

ソースを示さないままソースがあるという前提で話を進める強引さと、「わけ有りで」という説明の適当さが面白かったため有名になった。

2013年10月 公式本なのに誤植だらけ!艦これ白書騒動!

艦これ白書は艦娘のステータス、史実、声優、絵師の情報をまとめた資料集的な本。艦これ初の公式本ということで期待されていた。

しかし、実際に発売された艦これ白書には、参考画像のように、正規空母加賀と書くべきところを戦艦加賀と書くなどの信じがたい誤植が多数あった。結果、購入者から批判が噴出し、運営がTwitterで謝罪コメントを発表する事態にまで発展した。

最終的には、角川が購入者に対して、描き下ろしイラストなどが掲載されたお詫び小冊子を届けたことで、どうにか騒動は沈静化した。

2013年11月 画像に加工の痕跡が! 「艦これ速報」自作自演書き込み騒動!

2ちゃんねるまとめブログ艦これ速報の管理人は、掲示板サイト「したらば」に艦これ速報専用の掲示板を設置していた。

その掲示板で、艦これ速報管理人が艦これ速報を肯定するような自作自演の書き込みをしているのでは、という疑惑が持ち上がった。そこで、艦これ速報管理人は疑いを晴らすべく、自作自演していない証拠となるような画像を公開した。

だが、その画像に加工したような痕跡が見つかってしまい、余計に疑いが深まって炎上した。

2013年11月 運営の対応にプレイヤーが激怒! 秋イベント矢矧騒動!

2013年秋イベントではイベント期間が1週間延長され、その延長期間のみイベント最終海域で新規実装艦娘の矢矧がドロップするように設定された。その結果、延長は無いと思ってすでに資源を使いきっていたプレイヤーが運営に激怒し大騒動になった。

特に2ちゃんねるの艦これ本スレでは、いわゆる「らん豚」に占拠され、艦これを否定する書き込みが急増し、雰囲気が一変した。

ただ現在では矢矧は大型建造および通常海域ドロップで入手可能となっており、この騒動が話題になることは少なくなった。

2013年12月 許可を得たって本当? 艦これ同人トランプ販売中止騒動!

艦これ運営は艦これの同人ゲームの販売をデジタル・アナログ問わず禁止していた。にも関わらず、とある同人作家が2013冬のコミケで艦これのトランプを販売すると発表したため、禁止のはずではと疑問の声が上がった。

その同人作家は「トランプ風カードであってトランプではない」、「角川から許可を得ている」という趣旨の説明をしたのだが、許可を得た証拠を示さなかったため騒動になり、トランプの販売は中止となった。

結局、艦これ運営がトランプ風カードの販売を禁止しているのかどうかは不明のまま終わったが、この事件以降、同人ゲームの販売はアナログも含め禁止というルールの認知度は高まった。

2014年2月 トレス&評価水増し! 公式絵師 玖条イチソ氏のPixiv騒動!

白露型の公式絵師であるイチソ氏がPixivで大量の副アカウントを用い、自分のイラストのブックマーク数を水増ししていたことが発覚した。さらに、イチソ氏のPixivイラストの中に商業絵師のイラストをトレスしたものがあることも発覚し騒動になった。

画像左がトレス疑惑がかかったイチソ氏の絵、画像右がトレス元とされる絵。

騒動を通して、イチソ氏の個人情報が流出してしまうなど、イチソ氏の受けた被害は大きかった。また、この騒動以降、「アーイチソ」というイチソ氏を非難・侮辱するフレーズが使われるようになった。

2014年4月 攻略ブログ「あ艦これ日和」が「艦これ速報」を糾弾!記事パクリ騒動!

艦これ攻略ブログ「あ艦これ日和」が「おすすめの艦娘一覧」という記事を公開したその翌日に2ちゃんねるまとめブログ「艦これ速報」が似たような内容の記事を公開した。記事パクりだと思い込んだあ艦これ日和が艦これ速報を非難する記事を公開し騒動になった。

結局、艦これ速報が潔白を主張する記事を公開し、それを受けて、あ艦これ日和が謝罪し騒動は終結した。

2014年6月 公式絵師コニシ氏がライトノベルの宣伝を執拗に要求される!アーマードールアライブ騒動!

金剛型の公式絵師であるコニシ氏が「ひよこ西」という名義でイラストを担当したラノベ「アーマードールアライブ」が発売された。画像はその表紙。

発売から18日後、作者が自身のTwitterで「作品の売れ行きが悪いのは編集者・艦これ運営・コニシ氏のせいだ」という趣旨の愚痴を言ったため騒動になった。作者の発言によれば、コニシ氏にひよこ西ではなくコニシ名義での作品宣伝を依頼しようとしたが、艦これ運営からの圧力が原因で編集からストップをかけられた、ということだった。

結局、作品は1巻で打ち切りが決まり、作者が「自暴自棄になっていた。艦これ運営からの圧力は無かった」という趣旨の謝罪をして騒動は終結した。

1 2