1. まとめトップ

たむけんがLoLの新チャンプ「Tahm Kench(通称:たむけん)」に対してついに反応wwwww

お笑い芸人のたむらけんじさんがLeague of Legends(LoL)というゲームに実装された「Tahm Kench」というチャンピオンに対し反応したときのまとめです。

更新日: 2015年10月30日

0 お気に入り 7083 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ashe0202さん

たむらけんじさんがTahm KenchについてTweetを投稿

@tamukenchaaaaa このゲームの人口は世界中で7000万人なので、このコメディアンがジャパーニーズたむけんだって拡散したいですね。

たむらけんじさんもLoLの世界人口には驚いたようです。

たむけんLoLに挑戦!?

おはようございます。 LoLって僕の知ってるレベルのゲームやないんやね?そして凄い人気!たくさんのリプ頂きましたわ。ちょい勉強してやれそうならやりますんでまたその時はよろしくお願いします! さっ、今日も本業も副業も全力や! #たむけん pic.twitter.com/HkaAzE9Ssg

みんなの反応は・・・?

まさかの反応でわらったwwでもいまたむけんで検索したらlolのたむけんしか出ないから仕方ないね?

そもそもLeague of Legendsとは?

League of Legends(リーグ・オブ・レジェンズ)は、Riot Gamesが開発したWindows用のチームストラテジーゲーム、Defense of the Ancients型のゲームである。基本プレイは無料であり、課金によって強さに差が出ることは一切無い。課金はキャラクターの見た目を変更するものである。略称:LoL。

多くのゲームレビューサイトなどで高評価を得ており、2012年、世界で最もプレイヤー数の多いPCゲームとされている。 米国ではプロスポーツ選手用のビザが認定されるなど、プロ・ゲーマーが競い合うエレクトロニック・スポーツの種目としても注目されている。

日本でも盛り上がりを見せており、日本人はNAサーバーにてプレイをしていますが、近々日本にLoLのサーバーが出来るのではないかと言われており巷では大いに盛り上がっています。

「総プレイヤー人口約7000万人」「平均同時接続300万人」というRTSの歴史でも非常に大規模なタイトルで、社会人、学生、はては圧倒的な強さのプロゲーマーを集めるプロチームから、世界中のさまざまな人たちがたった今もプレイし続けている。

その競技性の高いゲームの面白さ、人気はすさまじいもので、世界中から集められた強豪プレイヤーで開かれる大会の賞金総額は500万$以上にもなり、日々研究されている無限の戦略、敵を圧倒する個人技、緻密に計算されたチームの連携、一度はじめてしまえば誰もが虜にされてしまうだろう。

世界の同時接続人数でも第一位だった、アメリカのMMO「WoW」を抜き、世界一の、まさに今もっとも人気のあるオンラインゲームである。
(日本ユーザーは2010年には1000人、2011年には7000人、2012年では3万人以上)
この数字は現在も伸び続けており、日本鯖も前向きに準備中である…と言われているが、実際の立ち上がりがいつになるかはわからない。

日本鯖は2015年内に来ると言われていますが、定かではありません。

そのほか、みんなの反応

1 2