1. まとめトップ

2015年世界ポーカー大会で日本人優勝!

日本人が2015年7月1日にポーカー世界大会で優勝!二度目の快挙だった。

更新日: 2015年07月13日

2 お気に入り 6772 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kaizinさん

日本人がポーカー世界大会で2度目の優勝の快挙

「イベント57 1000ドルノーリミット・ホールデム」。総勢2497人によって争われる同イベントに参加中の日本人・中井孝浩さんが、3日間にわたる激闘を制して見事優勝。賞金39万9039ドル(約4913万円)を獲得したことがわかった。世界王者の証であるWSOPブレスレットホルダー。日本人では、2012年にチャンピオンになった木原直哉氏に続く2人目である。

ノーリミット・テキサス・ホールデムって何?

ノーリミットでプレイし始めると、リミットゲームとの違いにすぐに気づくはずだ。リミットゲームの時と同じようにマニアックや、アマチュアプレイヤーとプレイしているのではあるが、ベットに対する制限がなくなったために、多くのプレイヤーは喜んで自滅的なプレーをするようになる。ノーリミットのスリルのために、ほとんど全てのハンドで参加し、で狂ったようにプレイするようになるのである。

参加費用は1000ドルで誰でも参加可能

トーナメント形式で争われる同大会は、参加費の1000ドルを払えば誰でも参加することが可能。2497人の参加者は3日間の競技中、一人ずつ脱落していき、最後の一人が決まるまで争われる。賞金配分は上位入賞から順に振り分けられる。今回の例でみれば、270位に入れば入賞確定で賞金1820ドル。

上位9人になるとその賞金もスゴイ

上位の賞金
1位 39万9039ドル
2位 24万8034ドル
3位 17万5559ドル
4位 12万6612ドル
5位 9万2453ドル
6位 6万8317ドル
7位 5万1103ドル
8位 3万8676ドル
9位 2万9619ドル

チャンピオンになる瞬間の映像

二度目の優勝とはいえ、今回の中井氏の優勝は前回の木原氏とは異なる意味合いも。。

木原が勝ったのは、ただの偶然。2012年、しかもバイイン5000
(フツーの人は参加しないwww)
参加者もたかだか400人程度のPLO

中井が勝ったのは、正真正銘、NLHで、参加者もその6倍以上、
約2500人のトップ。

関連ニュース

1