1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

本嫌いでも絶対面白いと気付く「一気に読書が楽しくなる方法」

本を読むことは、なんとなくメリットがあることは理解しているけど、読書が嫌い、本を読むのが苦手な子供から大人までが一気に読書好きになる方法を紹介します。

更新日: 2015年07月13日

359 お気に入り 90363 view
お気に入り追加

本を読むのは、好きですか?

本が好きな人は良いが、嫌いな人は「一体何のために?」と疑問を持たない人はいないだろう。

自分の本嫌いに改めてビックリした 抽象的なものは全く頭に入ってこない 頭に入ってこないものは何も面白くない

本嫌いだった友人が村上春樹と島田雅彦の本読んで読書に目覚めたって言ってた。

そもそも「良識のある教育熱心な」大人が中学生に薦める本を中学生が面白がるわけないんだよな。そういう「健全な青少年を育てる」系の、情操教育のための読書指導のせいでかつて死ぬほど本嫌いだったわ。 小学生の頃はふつうに児童書面白がって読んでたけど、大人に薦められたらいやになった。

□根本的な原因は何処にある?書いてあることが頭に入ってこない

読書を無理強いするパターンと読む意思はあるがギブアップするパターンと言われています

本を読まない人にとっては「文字を読むことが苦痛」「単純に興味がわかない」など色々な理由があって本を敬遠しています。

子供に対しても同じである。「知能の発達に役に立つから」という理由で本を親が読ませようとすれば、かえって子供は本が嫌いになる。

読みたくないのに読もうとする

学校や職場の課題で読まなければいけない場合、ほとんどの場合その本に興味が無い。課題の場合は仕方ないが、本を読むのは「読みたい」から読むのであり、「読まないといけない」から読むのではない。この強制感のある読書ばかりしていると、大抵の場合本が嫌いになる。

□改めて確認したい得られるメリットとは

本が好きな人はほぼ例外なく、「面白いから読む」という人々である。テレビが、ゲームが、旅行が楽しいのと同じく、「本を読むのが最高に楽しいから」という理由で読む人が圧倒的多数である。

先人の知恵を簡単に学べる

本を読むことはいろいろな経験を大幅にショートカットすることが出来ます。また、本を読まないことは、人生を遠回りして、しなくても良い余計な苦労をすることになります。

読書をして得た知識はあなたの財産になります。

読書をしてすぐにあなたの仕事や生活に役立つこともあれば、 時間がかかることもあります。 しかし読書をして得た知識はあなたの財産になります。

□本嫌いでも絶対面白いと気付く最初の一歩とは

最初は漫画や雑誌でOK

雑誌を読むのも読書好きの一種だ。自分の興味関心のあるもの、もっと知りたいと思うものをテーマにした雑誌や漫画を読むのでも十分だ。

興味があるジャンルを選ぼう

文字を読むことに慣れていない方は、まずご自身の好きなジャンルの本を探すことをお勧めします。読書経験があまりない方にとって本探しは非常に難しいかもしれませんが、恋愛や推理、ホラーなど、好きなドラマや映画を思い浮かべながら探すと選びやすくなるでしょう。

最初は薄めの短編集から読んでみる

100Pで完結しているものを読むと、あっという間に読み終えた気になり、それが達成感に変わります。

□それでも興味がわかない人は、自分に最適な本に「出会っていないだけ」

自分の興味関心に任せて本屋をぐるぐるまわってみよう。自己啓発関連の書籍はやる気を出させてくれるし、次第にビジネス本や新書も読みたくなる。

自分が好きなタレントやアーティストの本や、自分の趣味について書かれている本等、自分が興味を持てそうな本を「探す」「読まずにコレクションをする」ことから始めてはいかがでしょうか。

まずはあなたの達成したい目標や解決したい悩みの答えを教えてくれそうな1冊をポチッとクリックしてみてください。

□さらに環境で集中力も変わる

読書好きでない子に本を読ませたいのであれば、本を読みたくなる、長時間読んでいても疲れない環境を作ってあげると効果的です。

・程よい個室感で落ち着ける空間に
・落ち着ける空間、でも明るさは保って
・本は出し入れしやすく

自宅のベッドやお風呂場、ソファーなど人に邪魔されず落ち着く場所を選びましょう。

家以外の場所でも読書は可能です。ここに挙げる場所限りではないので、自分が落ち着ける場所を見つけましょう。

ちょっと歩いて「近くの公園やカフェ」じっくり読むなら「図書館」移動時間を有効活用!「電車の中」

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう