1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

なんとかしないとマズイ…上司に嫌われてしまった場合の対処法

ささいなことから人間関係が気まずくなってしまったり…。会社の人づきあいって大変ですよね。しかも、それが自分の上司だったりしたら最悪です。上司に嫌われてしまった場合、どうやって関係を修復すればよいのでしょうか?

更新日: 2015年07月16日

36 お気に入り 89344 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

かげとりさん

◆会社の人づきあいに悩む人は多いのではないでしょうか?

会社の人づきあいに悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

行き違いやミスから人間関係が気まずいものになってしまうなんてこともありますよね。

仕事の悩みでよく上げられることが多い悩みが、職場の人間関係に関するものではないでしょうか。

いわば閉鎖された環境である職場。そこでの人間関係はいがいと難しいものです。

行きちがいやミスから、人間関係が気まずくなってしまった…なんてことありますよね。

しかも、相手が上司だったりしたら仕事に影響が出るだけでなく、自分の評価にもダイレクトに響いてきます。

もしも上司に嫌われてしまった場合、どうやって関係を修復したら良いのでしょうか?

その相手が職場の上司だと、毎日顔をあわせる上に自分の評価にも関わってしまうかもしれず大問題。

気まずい雰囲気になったり、他の同僚たちと違う態度をとられる

そのような状態が続くと仕事に影響が出るだけでなく、自分自身も損することにもなりかねません

職場は毎日行かなければいけない場所ですから嫌な雰囲気をどうにしかしたいですよね。

もし上司に「嫌われた」と不安になった時には早期に対応策を考え不安を払しょくするようにしましょう。

▼自分に非がなくてもとりあえず謝ってみよう

明らかに上司に原因があるといった場合でも、上司と部下である立場上は部下から誤った方が得策。

お互い引くに引けない状態をいつまでも続けることにメリットはありません。

権力に屈したと捉えるのではなく、人間関係のトラブルを解消するためにやることだと割り切るようにしましょう。

上司に嫌われた!と感じあれこれ対処するより、この言葉を発する方が効果的な場合も多く非常に有効です。

明らかに上司に原因があった場合でも、今後の仕事に差し支えるのは自分にとっても不利なので、立場上自分から謝った方が得策です。

上司が多少間違った事を言っていると感じていても、まずは聞き役に徹して話を全て聞き入れます。

これは権力に屈するという考え方ではなく、自分は人間関係のトラブルを修復ができる優れた人間であると考えることが大切

それが少しでも見え隠れすると、あなたは「不誠実」だと烙印をおされてしまいます。

▼自分からコミュニケーションをとるようにしよう

日常の挨拶など、コミュニケーションを自分からとるようにしましょう。

上司は上司としてのプライドからか歩み寄ることにためらいがあるのかもしれません。

関係が良好だった頃の接し方を参考に、当時の距離感を取り戻しましょう。

関係修復へのジャブとして『お疲れさまです』などの挨拶(あいさつ)を重ねるのも有効。

トイレや喫煙所、コピー機の前などで遭遇した際、逃げることなく、欠かさずひと言『お疲れさまです』と声をかけるよう意識する

上司としてのプライドがあるため、こちらから歩み寄るのも恥ずかしい。そんな状況を部下側が放置すると溝は深まるばかりです。

自分から少しずつ、コミュニケーションをとるようにして、不安や誤解を解く対処法を実行しましょう。

上司と気まずくなったときは、話を深刻にせず普通に相手とコミュニケーションをとったほうが効果的

良好だった頃の接し方を参考に恐れないで(萎縮しないで)今までの距離感を保つことも重要になります

▼上司の良いところを探してみよう

1 2