もしくは、「こういう奴いるよね」という読み方で共感できるかもしれない。いずれにせよ何かしらの感情を持って読みやすい作品なのだと思う。

 僕は典型的な太宰ファンの見本そのものの読み方で激烈に共感したわけだ。そして、少年期以降の部分を予言書として読んだのだけれど、実際にあれは予言書だった。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【芥川賞】ピース又吉芥川賞おめでとう!ピース又吉の本についての熱い思いまとめた!【又吉直樹】

【芥川賞】ピース又吉芥川賞おめでとう!ピース又吉の本についての熱い思いまとめた!【又吉直樹】

このまとめを見る