我が耳を疑った。恐らく、『太宰ナイト』のことだろう。この太宰を敬愛する同志は『太宰ナイト』のことを『マニアックナイト』と間違えた。

 揚げ足を取るつもりなど毛頭ないが、普遍的なことを人間の本質を書き続けた作家太宰治のことを、またはそのファン達のことを潜在的に『マニアック』と認識しているのだろう。

 そのような理由が無ければ、かなり難しい間違え方だ。

 「ほらっ、マニアックナイト!」

 この言葉は帰りの道中、僕の脳髄で繰り返し響き続けた。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【芥川賞】ピース又吉芥川賞おめでとう!ピース又吉の本についての熱い思いまとめた!【又吉直樹】

【芥川賞】ピース又吉芥川賞おめでとう!ピース又吉の本についての熱い思いまとめた!【又吉直樹】

このまとめを見る