1. まとめトップ

【ディハイドレーターレシピ】酵素・栄養・旨みがぎゅぎゅーっと凝縮ローフード

ディハイドレーターは低温で食品の水分を乾燥させるため、通常の加熱調理で失われてしまう食物酵素、ビタミンなどの栄養素をキープしたまま野菜、果物、お肉・魚の一夜干などが数時間で簡単にできる食物乾燥機(フードドライヤー、ドライフードメーカー)。ローフードを食生活の中に摂りいれてみましょう。

更新日: 2018年03月25日

12 お気に入り 10598 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

GohanUSAさん

ディハイドレーターで「ローフード」の調理幅が広がった!

ローフード(Row Food)とは、生の食材(ナッツ類、野菜、果物、海藻など)を生のまま摂取もしくは酵素が壊されない温度48度以下で調理したものを摂る食事法。

●ローフードの原則である48℃以下で調理でき酵素、栄養素を壊しません。

●野菜を干すと味や香りが凝縮されて旨みが増します。甘みのある野菜はより甘く、香りのある野菜はより香りが強くなります。

一番人気のPrincess(プリンセス) ドライフルーツメーカー

「タイマー機能」と「温度調節機能」付きで使い勝手がよく便利です。

《簡単操作》
切って、並べて、タイマーセット!後は待つだけ簡単操作。
《ほったらかし家電》
タイマー、温度設定機能で放っておける。
《コンパクト》
コンパクトサイズで収納に便利。(W35cm×D35cm×H20cm)
《お手入れ簡単》
透明トレイで様子を見やすく、汚れも見やすいのでお手入れも簡単。
《便利なトレイ》
6段トレイで一度に大量の作り置き可能。
トレイの向きを変えることで高さ調節も可能。

サイズ感としては、家庭用の複合機プリンタぐらいかな。デザイン的にはエプソンっぽい。

ディハイドレーターの中は雑菌が繁殖しやすい環境なので管理に注意!

ディハイドレーターの温度はカビや菌の繁殖に最適な環境を作ります。使い方や食材の下準備によって、食材に付いている菌を繁殖させてしまい、足を早めてしまう可能性があります。
なるべく食材を薄めに切り、高パワーで短時間で乾燥させるのをおすすめします。

カビなどの繁殖を防ぐには、一度ディハイドレーターを加熱してから(155°F/68℃)温度を下げる(118〜114°F/48〜45℃)必要があります。

68℃まで加熱している間、食材をディハイドレーターに入れていてもローフードのままです。ディハイドレーター内部が熱されていても食材は48℃以上に加熱していないので、栄養素や酵素は壊れません。

ドライフルーツ

いろいろ試してみたところ、お勧めのフルーツはりんご、キウイ、マンゴ、桃、パイナップルです。

美味しく食べるには、セミドライ(半干し)にして適度な水分と食感を残すのがポイント。
5 mm 厚さにスライスしたフルーツをセミドライにする場合は41℃ ~ 46℃で4 ~ 5時間。

プレーンヨーグルトに入れると生のフルーツを入れるよりも美味しいです。

また、ドライフルーツ入りケーキやクッキーができます。
http://americangoods161.blog106.fc2.com/blog-entry-162.html

干し野菜(乾燥野菜)

乾燥する前に軽く塩コショウをしておくとズッキーニチップスができます。これがビールのおツマミにサイコーなんですよ。

http://shantiom.exblog.jp/13279828

アメリカでケールはスーパーフードとして大注目されており、美味しく食べられるパリパリケールチップスが大人気!
作り方は超簡単!
ケールにオイルと塩をつけたらディハイドレーターに入れ、6時間〜12時間程乾燥させます。
http://matome.naver.jp/odai/2143700299623271001

大根を適当な大きさに切って、
半日ほどディハイドレーターにかけます。

水分が抜けて半分くらいの大きさになったら取り出します。

これを、塩と圧搾ごま油で和えるだけです。
http://lohas-sapporo.seesaa.net/article/284808657.html

出典ameblo.jp

外干しで作った干し芋たちはあと一歩で出来上がる寸前で
あいにくの雨模様続きでカビにやられました

リスクを避ける為に今回は機械にお世話になり
あっという間に出来上がり

http://ameblo.jp/oriental-kitchen/entry-11948228558.html

干物(一夜干し)

魚をさばいて、塩水に漬けます。
魚の水分を軽く切って、ディハイドレーターのトレイに並べ、35℃ に設定し、好みの乾き具合になったら停止します。
この加減が一番のポイントで、乾きすぎるとパサパサになって美味しくありません。小さい魚の場合は 2 時間ぐらいでできます。
http://americangoods161.blog106.fc2.com/blog-entry-159.html

ジャーキー(ビーフジャーキー、ポークジャーキー)

材料
牛肉(脂身の少ない赤身)4ポンド(約1.8kg)
■ <A>
醤油50cc
ウスターソース50cc
ケチャップ100cc
ガーリックパウダー小さじ1
胡椒小さじ1
ヒッコリースモークシーズニング小さじ1/2
http://cookpad.com/recipe/2391470

こんにゃくと思えない歯ごたえで噛めば噛むほど味が染み出します。

材料
こんにゃく 1袋
焼肉のタレ 150㏄

6時間乾燥後
食品乾燥機の設定温度:60℃
触ってみて水分は感じません。指で折り曲げると硬いグミの様な感覚です。

干し椎茸・干しキノコ類

【コツ・ポイントまとめ】
切り方:約5〜7ミリ(丸ごとそのままも乾燥可能)
食材の乾燥前処理:水で洗わず綺麗な布やキッチンペーパーを使って掃除する。
設定温度:50~60℃
目安の乾燥時間:約10〜12時間(丸ごとの場合は12〜14時間)

その他ヘルシーフード(ローフード)

材料約5枚分
バナナ(大)1本
ローそば粉25g
亜麻仁粉大さじ1杯
シナモン小さじ1杯
アーモンドミルク60ml

フルーツロールアップ(フルーツレザー)はフルーツをミキサー等でピュレ状にし、薄く広げてフードドライヤー等で低温乾燥させ、そしてストライプ状にカットしてロール状に巻いたもの。
https://matome.naver.jp/odai/2152189691866806601

フラックスシードを水に浸します。浸す時間は6時間ほどで、2カップのシードに対して2カップの水

玉ねぎ、ニンジン、セロリ、パセリ、ズッキーニなどと一緒にブレンダーに掛けます。割合は適当です。
ここで大事なのは塩加減。乾燥すると塩味も濃くなるので、もうちょっと塩を入れたいなぁと思う辺りでやめとくのがコツですね。

ブレンダーで粉々ドロドロになったペーストをテフロン加工されたシートに薄く広げます。これをフードディハイドレーターに入れて48℃以下の温風でまる1日かけて乾燥させるのです。

1 2