1. まとめトップ
  2. 雑学

ネット視聴ではなく…本当に無料で行ける海外の大学

上昇し続ける大学授業料、奨学金制度も少ない日本、どうにかならないの?! グローバル化が進む今、海外の大学に「無料で」進学するという選択肢も。

更新日: 2015年07月17日

vortexxxさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
611 お気に入り 112587 view
お気に入り追加

大学の学費は…高い

日本の大学の授業料は、公立私立、学部などによってかなり開きがあるものの、世界的に見てもかなり高い部類に入る。

日本は特に国公立大学の学費が、比較可能な国の中で5番目に高く、かつ給与型奨学金(返済しなくていいタイプ)は3%しかない、と指摘されている。

なんで学費って高いの?!一年に何百万を四年生大学だったら4回何百万も払わないといけないんでしょ?!びっくりだよ!

何で大学ってあんなにも高い学費払わなきゃならんのかしらね…。 私立系の大学、専門学校とかどこにそんなお金使ってるんだろうか…。 こっちは学費貯めるの大変だよさ…。

アメリカ、イギリスはもっと高い

海外の大学に留学する費用が高騰している。人気の米英なら学費だけで年間300万~600万円とされる

進学資金を借金に頼ることはやむを得ず、今や全米の学生ローンの残高は、なんと1兆3000億ドル(約160兆円)に到達している。

「アメリカ・スタンフォード大学の学費が無料になる」というニュースもあったが、北米では留学生に対しては異なる学費制度をとる大学が多く、“differential fee” という費用が単位ごとに課されるため、無料というわけにはいかないだろう。

アメリカの大学って学費クソ高いんだなってここんとこ痛感してる

イギリスって学費が高いイメージしかない

留学生には学費を高くする傾向のアメリカ・イギリスですが…

留学生でも学費が無料の国がある

特に北欧は「大学の学費がかからない」ことで有名ですが、留学生でも学費が無料な国があるんです。

▼ノルウェー

ノルウェーでは、博士、修士、学士どのレベルに関わらず、さらには国籍にもかかわらず学費は無料だときっぱり明言しています。

学期手数料は必要だが、300~600NOK (約4,500~9,000円)のみ

▼フィンランド

フィンランドも2014年秋から留学生に対しても学費が学費が無料になりました。

EUの学生以外へ学費を課すことを検討していたが、2014年の秋にフィンランド政府はこの方針を転換し、学費有料化を廃止。すなわち、日本人留学生でも学費がかからない。学部レベル、修士レベルでも博士課程レベルにおいても。

今後も留学生に対する学費有料化の議論は続きそうだが、少なくとも今現在は無償

フィンランドでは学生全員が毎月政府から300ユーロ(4万円前後)の補助金をもらえる

なんとお小遣いまで。

▼ドイツ

ドイツの大学は、外国人でも授業料が無料。学期手数料は111ユーロ(約1万5000円)で、これを払えば市内での交通費も無料となる。

▼アイスランド

アイスランドの学校の大半が国公立です。国公立の学校は大学まで授業料が無料

毎年学生登録費は必要

大学入学には試験はありません。中等教育(高校)の卒業資格があれば入学できます

専攻により職業経歴を求められる場合、独自の試験を課す大学、人数制限が設けられている場合があります

1 2





vortexxxさん



  • 話題の動画をまとめよう