1. まとめトップ

地球が寒冷化した時に読むリンク

今後の地球が寒冷化する可能性を示唆する研究を集めました。もちろん今後どうなるのかはだれにもわかりません。火山の破局噴火、大型の隕石落下でも速やかに地球寒冷化起こしますしね。

更新日: 2017年10月13日

1 お気に入り 2013 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mototchenさん

それにしても海流、磁極変動、太陽活動の研究者と気候学者が合同して今後の予測しないんでしょうか?なんかばらばらにやってるようですが。

ニュース

話題の「2030年ミニ氷河期説」を研究当事者が「極小期は訪れるがミニ氷河期にはならない」と説明 | BUZZAP!(バザップ!) buzzap.jp/news/20150715-… pic.twitter.com/FLgzVNbGlv

宇宙気候学

『 SYNODOS/シノドス』に、インタビュー記事「太陽活動から天気を読みとけ!―宇宙気候学の挑戦」が掲載されました! bit.ly/1Lx8Dub

【新着記事】太陽活動から天気を読みとけ!――宇宙気候学の挑戦/『地球の変動はどこまで宇宙で解明できるか』著者、宮原ひろ子氏インタビュー synodos.jp/newbook/14481

今後の地球は温暖化?寒冷化?

人類に起因する地球温暖化は起こっておらず、むしろ今後寒冷化するという予測が出される BUZZAP!(バザップ!) goo.gl/V3Yop #温暖化 #気象

寒冷化説

地球磁場と寒冷化説

専門家たちは、私たちの地球は現在、磁極の反転の機が熟していると考えている。しかし、それがいつ起きるかについては誰にもわからない。

しかし、仮に、これが発生した場合、それは地球の気候を根本的に変えてしまい、ガンの発生率を押し上げる。さらに、地球の電力網を一掃してしまう可能性があり、人類にとって壊滅的な出来事のひとつともいえる。

英国リバプール大学の地球海洋生態科の科学者であるリチャード・ホルム( Richard Holme )教授は、「これは深刻な事態です」と述べる。

「あなたの生活から数ヶ月間、電力が消え去る事態を想像してみるとよいかと思います。今の生活はどんな些細なことでも、電力なしでは成りっていないことに気づかれると思います」。


そして、地球の気候自体が劇的に変わってしまう。最近のデンマークの研究では、地球温暖化も CO2 の排出量と関係しているのではなく、磁場が関係していることが示された。

また、磁場の崩壊は、地上全体としての宇宙放射線への曝露が多くなり、推定される計算では、多くのガンの発生を導き、死亡率が上がる要因となるだろうとしている。

地磁気の逆転が起こった107万年前と78万年前の間氷期では、海面上昇のピーク付近で気温が1~3℃低下する寒冷化が約5000年にわたって起こっていました。その寒冷化の期間は逆転途中の地磁気強度が40%以下に減少した期間と一致…
地磁気強度の変化から同寒冷化の期間には銀河宇宙線量が40~90%増加したと見積もることができます。

北場特命助教らは銀河宇宙線の増加による低層雲の増加 (スベンスマルク効果) が日射をさえぎり (日傘効果)、寒冷化をもたらしたことを示唆しました。

1 2