1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

mk__dさん

チュロスって??

スペインの菓子の一種。バターと水を火にかけてあたため小麦粉を入れて練った生地を、星形の口金を用いて絞り出し、油で揚げたもの。

断面が星形の細長い棒状ないし、その両端を合わせて涙形の輪のような形にしてある。砂糖やシナモンなどをまぶすことが多い。

海外のお菓子ですが、東京ディズニーランドやミスタードーナツ、身の回りのパン屋さんなどでよく目にするので、日本人にとっても馴染み深いお菓子になりましたよね。

このチュロス、生地を練って、絞り袋に入れ、熱した油で揚げるだけなので実は作るのもそんなに難しいお菓子ではありません!

ではなぜ冷凍のチュロスを勧めるのか?

簡単なお菓子ならば作ればいいじゃない…って思われる方もいらっしゃると思います。

その理由は材料費。

チュロスを作る材料は一般的に

薄力粉 卵 塩 バター 水 揚げ油 グラニュー糖(レシピによってはベーキングパウダーなども…)

チュロスを絞る絞り袋
(星形の絞り出しでないと揚げてる最中に破裂する可能性がある為必須です)



なのですが、正直チュロスの為にバターや絞り袋を買うのってちょっと負担ですよね。

それに、いかに簡単とはいえど省ける作業は省いた方がいいに決まってます!

安くて揚げるだけでいいならそれにこしたことはない!

揚げるだけでいい業務スーパーのチュロス

向かうは業務スーパー!

業務スーパー来てみた これが、昼間やってた例のチュロスですな…ε-(´∀`; ) pic.twitter.com/BOXyzIjFkz

こんな感じで売ってますね

500グラム97円という価格破壊っぷりに思わず二度見。
(2015年、6月末に購入した時の価格です。時期によっては価格の変動があるかもしれません)

気になってたけど安すぎて、逆に不安になって手を出せなかった方も多いのでしょうか?(私がそのひとりでした)

中身はこんな感じ。
沢山入ってますね~。


チュロスはもうちょっと長いイメージがありますが、長いと家の鍋に入りきらない可能性があるのでこれくらい短くて丁度いいのかもしれないです。

こんなに沢山入って98円て…どこで作られてるのか不安…と思いませんか?

私もそう思い、公式サイトへ行ってみると…(https://www.kobebussan.co.jp/item/detail.php?go_id=2926

まさかの国内生産表示にびっくり。

これなら安心して食べられますね。

こちら、冷凍された状態のまま180度の油で3~4分揚げれば出来上がりなのですが、ひとつだけアドバイス!

こんがりきつね色になっても菜箸で触れるとふにゃっとしています。

しかし、いい色がついたらさっと取り上げてしまってください!

油から取り上げ、生地から油が抜けていくにつれて外側がカリッと硬くなっていきます。

これを、硬くなるまで油から揚げないでいると中まで硬くなり、かりんとうのような食感になってしまいます。

http://cookpad.com/recipe/3224740

油で揚げるとカロリーが…という方はオーブン調理もOK!

機種により差はありますが、170度から180度で30分~40分を目安に焼き加減を見ながら調節してみてください。

このまま食べてもほんのりとした甘みがありますが…

生地が安くあがった分、つけるものにこだわってみるのもいいかもしれません!

1 2