1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

そもそも転移がんは早期発見しても治せない」「転移しないがんは早期発見をしなくても、手術や放射線治療によって治療が可能」として、早期発見するための検査そのものを否定している。新潟大学医学部の岡田正彦教授も、「長生きしたければがん検診は受けるな」

日本ではアメ リカで肺ガン検診を止めた次の年から肺ガン検診を始めています。

がん検診を受ける理由は“死にたくないから”だ。つまり、がん検診が死亡する人の総数(総死亡)を減少させていなければならない。検診を受けた人とそうでない人を追跡調査することでそれは明らかになるが、実は総死亡が減少しているという確かなデータは存在しない。このような調査はランダム化比較試験と呼ばれるが、大腸がん検診では総死亡減少が認められず、胃がんや子宮頚がんでは試験自体が行われておらず、肺がん検診に至っては検診を受けた人の方が総死亡が多い

検体された百寿者を解剖すると、動脈硬化が進み、臓器や脳は萎縮して小さくなっています。前立腺がんや乳がんなど、55%にがんが見つかる。百寿者は概して血圧も高い。病名を並べると、30くらいになります。しかし、その一つ一つが命を奪うような重症ではなく、うまく折り合って長寿を全うしていることがうかがえるのです。

検診は有効でも・・病で死ぬよりも ガン手術の失敗も 副作用も 他の病で死も

有効性が認められているがん検診は、大腸がん、胃がん、乳がん、子宮頸がんだ。特に大腸がんにおいては、最も有効といわれている。肺がんについては、エックス線検診の有効性が海外では認められておらず、国内でも疑問を呈する声が高まっている。

有効性が認められているがん検診は、大腸がん、胃がん、乳がん、子宮頸がんだ。特に大腸がんにおいては、最も有効

肺がんについては、エックス線検診の有効性が海外では認められておらず、国内でも疑問を呈する声が高まっている。

1