1. まとめトップ

ビジネスシーンでよく聞く「ニッチ」ってどういう意味?

「ニッチビジネス」「ニッチマーケット(市場)」「ニッチ戦略」「ニッチ事業」「ニッチな〇〇」…。などとビジネスシーンでよく聞く「ニッチ」という言葉。この「ニッチ」とは、いったいどんな意味があるのでしょうか?事例とともにまとめます。

更新日: 2016年02月12日

springspringさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
25 お気に入り 383774 view
お気に入り追加

◆ある日、上司がこんなことを言い出した

◆む、「ニッチ」って何???

「ニッチ」の意味がわからなくてググった(^ω^)

うんうん!ニッチだよねぇ~~o(^o^)o(ニッチの意味を調べながら)

ニッチな趣味の僕は当然ニッチの意味はわかります

◆「ニッチ」の意味とは?

「ニッチ」【niche】とは、もともとは生物学で生態学的地位すなわち「自分の適所」という意味。生物が他種と共存するために見出す自分だけの場所という意味から発展し、今日では「隙間」を意味するようになった

と、この「ニッチ」という言葉が、ビジネスシーンでよく使われるようになった。

◆経済やマーケティングの分野でよく使われる「ニッチ」とは?

1.市場規模が小さく、誰も手を付けていない分野

「ニッチ」とは、大企業がターゲットしないような小さな市場や、潜在的にはニーズがあるが、まだビジネスの対象として考えられていないような分野を意味する

出典ASCII.jpデジタル用語辞典

2.大企業が参入しない分野

大企業は"収益が低い"との理由から「ニッチ」に手を出さないことが多いため、主に中小企業やベンチャービジネスが参入し、成功すれば確固たる地位を築くことが可能な領域といわれている

出典ASCII.jpデジタル用語辞典

3.少々価格が高くても、顧客がお金を出す分野

市場規模は小さいが、特定のニーズにマッチしたマーケティングを展開することにより、顧客はプレミアム価格を容認する(少々価格が高くてもよい)傾向にある

◆ビジネスシーンでよく使われる「ニッチ」を用いた言葉

1.「ニッチビジネス」(「ニッチ事業」)

大きいサイズの服のみを製造、販売するメーカー、トヨタの一部品のみを製造する自動車部品メーカーなど、ある特定の分野に特化したビジネスが「ニッチビジネス」

「ニッチビジネス」が特化する対象には、《場所・ターゲット・チャネル・商品》等、様々な種類がある。

2.「ニッチマーケット」

他社が進出していない「隙間市場」のことを「ニッチマーケット」と呼ぶ

出典大辞林 第三版

3.「ニッチ戦略」

「ニッチマーケット」を狙って利益を上げようとする戦略を「ニッチ戦略」という

出典ASCII.jpデジタル用語辞典

◆成功した「ニッチマーケット」の例には、どんなものがある?

オタク市場などは、「ニッチマーケット」の代表例としてあげられていましたが、それ自体が基幹市場に成長した例です

オタク市場は、それほど大きな市場ではなかったようですが、急速に拡大し、現在では相当大きな市場となっています

1 2