1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

理不尽な要求も…?教員も悩む「モンスターペアレント」の問題とは?

学校などに対して、親が理不尽な要求をするという「モンスターペアレント」が社会問題になっています。

更新日: 2015年07月18日

65 お気に入り 146474 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●学校での「モンスターペアレント」が社会問題になっている?

モンスターペアレンツ、略して「モンペ」。いまや一般的に使われる言葉になりました。

幼稚園、保育園、学校などに対して、自己中心的かつ理不尽な要求をする親、いわゆるモンスターペアレントが社会問題化している。

モンペと思われる親からのクレームで、時には幼稚園や小学校の規則まで変わってしまうこともあるようです。

●そもそも「モンスターペアレント」とは?

モンスターペアレントとは、自分の子供や孫等がかわいすぎて暴走してしまう親のこと

自己中心的な理由から、学校・教職員に対して非常識で理不尽な要求を突きつけてくる保護者。

自分の非は絶対に認めたくないのがモンスターペアレントの特徴です。

・中には、クレームにより規則まで変わってしまうことも?

モンペと思われる親からのクレームで、時には幼稚園や小学校の規則まで変わってしまうこともあるようです。

●近年、「モンスターペアレント」が増加する主な原因

・学校への不信感が高まっている

学校側がいじめの存在を認めなかったり、隠ぺいすることが取りざたされ、学校に対して不信感を持つ保護者が増加。

また、教諭の犯罪や不祥事などのニュースの影響もあり、今の学校には子どもをまかせておけないと考える親が多くなっています

・教師の業務量が増え、指導が行き届いていない

その背景には授業の準備や教材研究、部活指導、生活指導などの仕事に忙殺される教員の負担増が考えられます

教師に相談をしても真剣にとりあってもらえないと不満をつのらせる保護者が増えています

・保護者の高学歴化により、教師への見方が厳しくなっている

保護者が高学歴化することによって、学校教員への見方が厳しくなったという意見もあります。

学校教員の相対的な立場が一般の保護者に近くなるにつれ、「先生=聖職」の価値観が薄れてきている点は否めません。

・インターネットの普及で、正しい情報が判別できないため

1 2 3