1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

スマホをなくした盗まれた時に今すぐできる対処マニュアル

日本では、5人に1人がスマートフォンを紛失したり盗難の被害の経験があるそうです。いざ自分のスマホが見当たらない時って中々冷静に対応するのが難しものですが、ひとつずつクリアして問題を解決するマニュアルを紹介します。

更新日: 2015年07月18日

796 お気に入り 115709 view
お気に入り追加

できれば避けたいスマホをなくした(泣)

個人情報の宝庫であるスマホをなくしたらたくさんの人に迷惑がかかるかもと、非常に焦ってしまいました。

バスや電車の中に忘れてしまったり、気づかぬうちに紛失してしまうなんてこともあります。

□大切なのは、「端末を探す」ことと「悪用防止」です。

誰にでも起こり得ることなので、ぜひ頭に入れておくようにしましょう。

まず落ち着いて、どんな行動をすべきかについて、整理しましょう。

□スマホ紛失時の行動・フローチャート

紛失場所の心当たりがなく、また紛失対策アプリを導入していないならば、端末を発見できる可能性が低いといえます。

この場合は、まずキャリアの紛失時サービスを用いて、画面ロック、回線停止、サービス機能停止などの措置をとることで、端末の悪用を防いでください。

□1.まずは鳴らしてみる

鳴らしてみて、意外と近くにあったら儲けものです。それと、運よくいい人に拾ってもらえていたり、知り合いやどこかのお店の店員さん等に出てもらえる可能性もありますしね

公共鉄道などの職員が遺失物として拾った場合は、着信があっても出ない規則になっているところもあるそうなので注意が必要です。

□2.自身のキャリアの紛失時サービスを確認

回線の停止、画面のロック、サービス機能停止などの措置をとることによって、端末自体の悪用を防いでください。

キャリアや、事前申し込みの有無等によって、受けられる紛失時サービスの内容が異なります。またAndroidかiPhoneかによっても、利用できるサービスに差があるという点にも注意しましょう。

キャリアによって手順は異なるが、通話やメールなどのサービスの利用を一時中断したり、スマホの画面操作やおサイフケータイ機能を遠隔ロックするといった対策がとれる。

□3.各キャリア別の連絡先

iPhoneにはApple社が提供するサービスがあります。

□4.スマホで利用していた各サービスを停止手続き

おサイフケータイは電源がオフでも利用できてしまいますので、サービスを利用停止にした方が安全です。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する