出典 d.hatena.ne.jp

ベーコン + ほうれん草

ほうれん草に含まれている硝酸が体内で亜硝酸に変化すると、ベーコンに含まれるタンパク質の分解物と反応して発癌性物質が生成される。
ベーコンに含まれるリン酸がほうれん草に含まれる鉄分やカルシウムの吸収を阻害する。
対策として、炒める前に「ベーコンを茹でる」ことで鉄分やカルシウムの吸収を阻害することもなくなる。

この情報が含まれているまとめはこちら

一緒に食べたらダメ!? 食べ合わせの悪い食べ物まとめ!!

アレとコレを一緒に食べると体に悪い!? 食品として日々様々な組み合わせが生み出されているが、食べ合わせが悪いものもある。言い伝えから体に害があるものまで、悪い食べ合わせをまとめてみた。

このまとめを見る