1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

苦手なママ友・1位:自分の子がよその子をいじめたりしていても笑っているだけで注意しない。2位:陰口ばかり言っている。3位:保険や化粧品などの商品を強引に売りつけてくる。4位:お礼や謝罪がちゃんとできない。5位:子ども同士のささいな喧嘩にいちいち口を挟んで問題を大きくする

栃木県の山形小のママ友いじめ事件怖いな。まぁ女同士はいじめの見本みたいなところあるからなあ。 学校いかないでも通信教育とかサテライト+テストで単位取れる仕組みを作ったほうが良いわ。

マタハラとかママ友いじめとかに遭うヒラさん可哀想すぎて見てられないんだけど 見たことないけど

ママ友いじめでSNS疎外感か… もう仲良くはなれない生き物だと思って距離保って付き合うしかないよなぁと最近思う。良い人だと思って付き合ってみたら実は…って事が多い世界でもあるから、あくまで子供の友達のお母さんで付かず離れず。外に行われたら困る様な家庭内の悩みとかは言わない方がいい…

この二人を自殺に追い込んだクズは、二人に詫びてさっさと首を吊るべきだな。生きてて許されるわけがない。→栃木ママ友いじめ 自殺女性の娘頑張るが事件は終わってない news.merumo.ne.jp/article/genre/… @Yomerumo_newsから

これ、あんまり報道されなかったけどマスコミへ報道禁止令出させたり犯人探ししたりまさに【現代の村八分】すぎて恐ろしい 【栃木ママ友いじめ】母親2人が連続自殺…隠蔽 教師がボスママか - NAVER まとめ matome.naver.jp/odai/214369287…

【社会】栃木県のママ友いじめ 自殺した女性の家族が送っている生活 栃木県佐野市にある児童数70人ほどの小学校の母親2人が1週間の間に相次いで自殺したのは昨年4月中旬のことだった。衝撃的な事件に騒然= 2MM/2chブックマーク bit.ly/1hM3BPq

「娘さんがお小遣いの1000円札を握りしめて火葬場の職員に“これをあげるからお母さんを焼かないで”と泣いていました」 → 【栃木の小学校 ママ友2人がLINEいじめで連続自殺】 bit.ly/1LdBdlF | bit.ly/1MOpABM

”佐野市立山形小学校:校長もこの様に述べている”
「インターネット上でですね、小学校のことで非常に情けなくなるような書き込みが続いていて。お母さん2人が亡くなったというのは、新聞に出てしまった以上、事実です。」 「イジメを受けていた方が、同じクラスで起きていたのは事実です。クラス全体の中で物がなくなるというのは決して良い気持ちではありませんから、そのことでお母さん同士で色々なやり取りをしていたという話も聞いております。それらのことがあったのは事実だと思います」 「イジメを受けていたお子さんっていうのは、お亡くなりになったお母さんのお子さんではないです」 「私は絶対に、イジメは許さないという気持ちでいます。そういうことを先生方にもお願いして、これからも保護者の方が、いじめらしいことがあるよと言われたら、学校はすぐに対応したいと思います」

“A子さんは自殺したけれど、B美さんはどうするの?”という意味だと捉えて凍りついたそうです。B美さんはその後、泣きながら帰られました」(別の近隣住民)

 自殺後、市教育委員会には「B美さんは、学校に強い影響力を持ち、母親グループの中心的な存在だったXさんとトラブルを抱えていた」という情報がもたらされた。市教委によってXさんとB美さんの遺族が話し合う場が設けられたという。

 この「ママ友LINEいじめ連続自殺」騒動を7月中旬に本誌が報じて以来、女性セブン編集部にはかつてないほどの意見、問い合わせ、そして情報提供が寄せられた。

「地元では“誰がマスコミにしゃべったんだ”と犯人捜しが行われ、保護者たちは“次のいじめのターゲット”になりはしないかと戦々恐々としていました。

岩手県矢巾(やはば)町の中学2年、村松亮さん(13)がいじめを苦に自殺したとみられる問題で、村松さんの女性担任教諭が4日、村松さんの自宅を訪れ、父親(40)に「いじめに早く気づけず、自分に力がなかった」と謝罪した。

 いじめの情報を校内で共有できなかったことについて「生徒指導主事は4月から新しくなったので信用ができなかった。亮君との信頼関係もあり、自分で何とかしたかった」と話した。村松さんの父親は「担任の謝罪を聞けてよかったが、息子が自殺する前に保護者と緊密にコミュニケーションを取ってほしかった」と話した。

 村松さんのいじめを巡っては、中学校がいじめ防止対策推進法に基づき、生徒指導主事や養護教員らで構成するいじめ防止組織を設置していたが機能しなかった。

「町内会関係者が町中を回り、“誰がマスコミに喋ったか、学校や同級生の母親が必死に探しているんです”と吹聴しています。町中から“お前、絶対に喋るなよ”と脅迫されている

栃木県の南西部に位置する佐野市の中心部から車で30分ほど行ったところに、白い鉄筋コンクリート造りの小学校の校舎がある。山が間近に迫り、田畑が広がるのどかな一帯には、昼間は子供たちの遊ぶ声が響く。児童は一学年10~15人程度で、全校でも70人ちょっとという小学校だ。

 そんな小さな学校を揺るがす“事件”が今年の4月、立て続けに起きた。1週間の間に、在籍する児童の母親2人が相次いで自殺したのだ。発端は4月16日、小4の娘を持つA子さんが亡くなったことだった。

【真相解明なるか】 栃木県佐野市山形町の佐野市立山形小学校で児童らの母親2人が相次いで自殺。原因はママ友いじめ? breaking-news.jp/2015/07/14/020… 読売新聞栃木版やローカルのラジオに続き、フジテレビのグッディが全国放送 pic.twitter.com/kZG4Mab6mY

セブンの記事 まとめ

【A子さん】
・娘は特殊学級に通う小4の本当に可愛らしい女の子
・約一年前から娘へのイジメを周囲に相談、自身もママ友からの嫌がらせに悩む
・娘が家族旅行のことを話した友達の母親から「自慢話をさせるな」と怒られた
・保護者のLINEグループ内でママ友5人から執拗に攻撃されていた
・4月16日 首吊り自殺
・娘が発見し自分で救急車を呼ぶも、現場は山腹だったため救急車が道に迷う
・娘は「お母さんが…お母さんが…」と泣きじゃくりながら救急車を待った

【B美さん】
・3男1女の母
・PTAの活動にも積極的に参加する、子供好きの活発で綺麗なお母さん
・A子さんとは親友といえるほど何でも相談できる間柄
・A子さんの告別式で友人代表として弔辞
 「私がAちゃんの代わりになって子供のことを守ってあげるからね」
・小学校高学年の娘は、友達に物を隠されるなどのイジメを受けて不登校だった
・保護者に抗議するも「てめえの育て方が悪いんだよ」と言われ、仲間外れとなる
・4月22日 不登校の娘の求めに応じ、授業参観、クラス懇談会、PTA総会に参加
・ママ友の中に無理して入っていったが、ガタガタと震え目には涙も浮かべていた
・4月23日 自殺(詳細不明)
・娘は火葬場で「これ(千円札)あげるからお母さんを焼かないで」と泣いていた
・子供の一人は「お母さんは、私達よりもお友達が大事だったんけ…」とつぶやく

500RT:【ママ友いじめ?母親2人自殺】 栃木県佐野市の小学校で児童2人がイジメられ、母親らが「やめてほしい」と改善促すも孤立し、1週間で2人の母親が自殺 breaking-news.jp/2015/07/10/020… 山形小学校に通う児童の母親 pic.twitter.com/gWkLiuugVH

1 2