1. まとめトップ

【半世紀ぶり】に復活! 東京 に海水浴場!!

約半世紀ぶりに東京23区内にできた海水浴場とは、水質は大丈夫なのか?、東京から一番近い海水浴場50年ぶりに都内で顔をつけて泳げる場所とは?

更新日: 2018年08月03日

0 お気に入り 16958 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Hakureさん

出典ai.2ch.sc

東京 海水浴場 砂浜 海 リゾート

東京【半世紀ぶり】に復活! 23区内に海水浴場ができ!

半世紀ぶりに復活
東京にビーチ

東京には、大森海岸、芝浦など各所に海水浴場があったが、高度経済成長期の環境破壊や埋め立てで、水質が悪化し、半世紀ほど23区内には海水浴場はなかった。

東京23区に海水浴場が復活

監視員や看護師を置くほか
エイの侵入を防ぐネットも設置されているという。

期間中に最大3万人の来場者を見込んでいるらしい

入場は無料。

23区内になかった海水浴場が復活
(島をのぞく)

海水浴場“復活” 東京湾の水質は安全なのか

都内の海水浴場が話題になっている。

海水浴場は、8月30日までの土・日・祝日やお盆など計20日間

島しょ部をのぞく都内では約半世紀ぶりの東京の海水浴場

日本の海というと、大腸菌や有害物質に汚染されているイメージが強い。

目や口から汚染される心配はないのか

基準をクリアし安全らしい

「国は1973年から全国の海水浴場の水質を調べています。
水100㏄に大腸菌が1000個以上いないか、
水に油膜が張っていないかなどがチェックポイントで、
73年は314カ所のうち38カ所が規制基準を超えていました。

その後、浄化設備が拡充し、
現在は828カ所のすべてが基準値に収まっています。
昔みたいに水銀やカドミウムが海に排出されることはあり得ません。
東京の台場などは数年前から鮎が戻ってきています」
(水・大気環境局水環境課の鴫原茂課長補佐)

出典日刊ゲンダイ

江戸前海水浴 51年ぶり悲願の復活!葛西海浜公園で海開き

東京都江戸川区の葛西海浜公園の海岸「西なぎさ」で海開きが行われた。
23区内の東京湾で海水浴場が復活するのは51年ぶりとのこと

葛西海浜公園の海岸「なぎさ」

砂浜800mが
水浴びや潮干狩りができるスペースになり
その内150mが海水浴場となるらしい

・葛西臨海公園のすぐ目の前

水族園や東京湾が見渡せる展望台(クリスタルビュー)、
野鳥の観察園、海が見渡せる広大な芝生の広場、
観覧車、バーベキュー広場も有り、
たとえ”なぎさ”で遊ばなくても楽しめるのでカップルのデートスポットしてもお勧めです。

葛西臨海公園で観覧車や水族館を楽しめる!

葛西の海で遊ぼう!海水浴体験
日程:7月18日(土)
     7月19日(日)
    7月20日(月・祝)
    7月25日(土)
    7月26日(日)
    8月 1日(土)
    8月 2日(日)
    8月 8日(土)~8月16日(日)
    8月22日(土)
    8月23日(日)
    8月29日(土)
    8月30日(日)

場所:西なぎさ遊泳体験ゾーン
時間:10時~16時

詳しくはこちら
http://www.tokyo-park.or.jp/announcement/027/detail/22999.html

海水浴 関係・参考サイト

1 2