1. まとめトップ
  2. 雑学

「高校野球」だけテレビ中継とかずるくね?→実はこんな理由があった!

気づけば夏の甲子園の季節。日本人には夏の風物詩として定着している大人気の大会です。同じ高校生のスポーツであるインターハイと「甲子園」って全然別モノということを知らない人は意外と多いのではないかと思い、まとめました。

更新日: 2015年07月19日

porottoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
125 お気に入り 410110 view
お気に入り追加

インターハイと「甲子園」って別モノって知ってた?

夏の甲子園大会。正式には全国高等学校野球選手権大会。これはインターハイの一部ではない事をみなさんご存じだろうか。

全国高等学校野球選手権の主催は高野連と朝日新聞。

いわゆる「甲子園」の主催は「高野連」と新聞社。

野球は連日全試合がテレビ中継され、満員の観衆が詰めかけるのに対して、インターハイは新聞の片すみに結果が掲載されるだけです。

インターハイとは?

高等学校生徒の総合全国競技大会。一般にインターハイと呼ばれ,総体,または高校総体と略称される。

全国高等学校体育連盟の主催で毎年8月を中心に開催されるスポーツの総合競技大会。

いわゆる「高体連」の主催。

すべての競技が高体連に参加しているわけではなく、さらに高体連参加競技であっても、インターハイに加わっていないものも存在する。これらはそれぞれインターハイとは別の独立した大会としてほとんどがインターハイと同時期に開催されている。

なぜ、高校野球は「高体連」ではなく「高野連」なのか?

だからと言って一本化すればいいのでしょうけど、一本化出来ない(しない?)のは競技や組織設立の歴史的経緯によって分かれているらしいのです。

まず高野連と高体連ではできた年が高野連のほうがはやいです。高野連は1946年 高体連は1948年に設立されています

その差は2年ですけど…

朝日新聞が主催し毎日新聞が後援しているためメディアとのつながりが非常に強く、NHKが高校野球を全試合中継しているのもこれが関係しています。

そしてこれがなにより大きいのですが高野連は甲子園での大会で儲けを出しています。この利権は大きく高野連という野球一つしが扱っていない組織よりも高体連のほうが資金がありません

放映権料、入場料、朝日新聞・毎日新聞からのスポンサー料など。

それって何かおかしくない?という意見も多い

・高校野球は教育の一部でしょ、という意見

高校野球はあくまで部活動の一環ですよね。
となれば、高体連が主管するのが筋だと考えられるのですが、高校野球は高野連に所属しています。

高野連批判としては高野連は「高校野球は教育の一環である」と大義名分のように言っているが、教育であればまずは学校や教育委員会が、責任を持つべきであるのに、野球に関しては高野連の方が上から目線なのはおかしいというものが多い。

この巨大ビジネス「高校野球」の牙城を崩すことは困難ではあるが、やはりただの学生野球に戻らない限り、教育としての野球にはなりえないのである。

・高野連の権力が強すぎる、という意見

地元商店街の応援の仕方やら、テレビ局の取り上げ方へやら、官僚的に「指導」するのが大好き。

応援の仕方の指導って何するんでしょうね。

野球を通じて学校、場合によっては応援の方法、祝賀会などでは自治体にまで口を出すのである。要するに異常に権力を持ちすぎているのである。

1 2





porottoさん

このまとめに参加する