1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

激しく抵抗する男性。みかん農園の「強制収用」に賛否両論の声

明け渡しに応じなかった末の強制収用。賛否両論ありますが、非常に難しい問題ですね・・。

更新日: 2015年07月20日

77 お気に入り 237207 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hakyunaさん

▼ 高速道路のためにミカン園が強制収用されたと話題に

九州の東側を結ぶ東九州自動車道の整備事業をめぐる問題です。土地の明け渡しを拒んでいる福岡県のみかん農園に対し、14日、県が強制排除に踏み切りました。

「これより代執行を開始します」福岡県豊前市のみかん農園には14日午前7時に県の職員などおよそ200人が入り、バリケードや看板を取り壊しました。

激しく抵抗するみかん農家の男性が、むなしく職員に抱きかかえられて排除されていく――そんな映像がテレビで繰り返し放映され、世間の注目を集めた「東九州自動車道」問題。

今ニュースでやってるんやけど、 高速道路も大事なんやけど 50年間もみかん畑育てた人を 強制的に追い出すのは酷いと思うわー 国家権力ってなんなんやろねー pic.twitter.com/44TDWAVf5K

みかん畑の明け渡し拒否してんのに強制的に潰すって酷くね

▼ 問題の箇所となった”東九州道”とは

九州地方の高速道路の整備状況は、いわゆる「西高東低」だ。福岡~熊本~鹿児島の西海岸回りが1本でつながっているのに対し、北九州~大分~宮崎~鹿児島の東海岸回りは、未開通区間が残る。

北九州市と宮崎市を結ぶ区間で、唯一、開通していない部分が、ここです。福岡県の椎田南インターチェンジと豊前インターチェンジの間です。ここには、みかん農園が広がっていまして、このみかん農家の男性が、土地の明け渡しを拒否していました。

「東九州道はいらない」とか抜かしてるの、並行する日豊本線に特急が1時間に2本(繁忙期は1時間に3本)走ってるのに高速道路がない事態が異常とは思わないのか

汗水垂らしてミカン畑を育ててきた人がいるとはいうけど、汗水垂らして東九州道を作ってきた人だっているんだ

・付近の住民からは早い開通を望む声も・・

東九州道のうち北九州―宮崎間では、椎田南―豊前間(約7.2キロ)だけが未開通。西日本高速道路は北九州―宮崎間の開通目標を2014年度としていたが、地権者の反対で工期がずれ込み、16年春に延期した。

北九州と大分が高速道路1本でつながることによる時間短縮効果は確かにある。NEXCO西日本の資料によると、椎田南IC~豊前ICの開通により、北九州市と大分市の所要時間は約10分短縮されるという。

一般道の混雑緩和にもつながるため、沿線の住民からは、一刻も早い開通を望む声も上がっています。

宮崎人としては東九州自動車道の開通は悲願なわけで、行政代執行とかもまあ複雑な感じなんですけども、日南人としてはとりあえず日南−清武間を早く作ってくれんか← 今の状況ほんと宮崎県南部だけが陸の孤島になっとるww

この、みかん農園は有名。いつまでたっても、ここが揉めてて東九州自動車道が開通せずに、宮崎は、ずっと陸の孤島状態だったからね。この人は不運だけど、待ち望んでた人は多かったと思う。静岡空港にもいたよね。こういう人。 twitter.com/shingohyena/st…

宮崎大分側としては東九州道のあの区間開通は悲願だからなぁ

▼ 今回適用された「強制収用」とは

国または地方公共団体が、公共の利益となる事業の遂行のために私有の土地や物件などを強制的に取得すること。

民法上の手段だけではその事業の目的を達成するのが困難な場合に、私人の財産権を強制的に取得するためのものであることから、土地収用法第3条、第5条、第6条及び第7条により土地収用が可能な事業を定めている。

強制収用の対象となるのは、土地だけでなく、漁業や工業、温泉の利用などの権利も含まれる。土地や権利の収用と引き換えに、もとの権利者には国や地方自治体から補償金が支払われる。

・土地の所有者との話し合いが原則

土地の買収は、国や地方自治体が土地所有者と直接交渉し、互いの同意を得て任意契約するのが原則。

しかし、補償金の額について同意が得られなかったり、土地の所有権について争いがある等の理由で、話し合いにより土地の取得ができないことがあります。

1 2