こんなものを信じる人もいないだろうが、「発売当時『完全自殺マニュアル』の影響で自殺する人が多数現れた」などと、ありもしないことを吹聴している人間がいる。「この本の影響による自殺」などと見なされたケースは、これまでに一件もない。こういうものを見かけたら「違反報告」してほしい。

返信 リツイート いいね

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

著者・鶴見済が語った『完全自殺マニュアル』の背景、社会、そして生と死

93年に発売されベストセラーになった『完全自殺マニュアル』が出版された背景、生と死、また社会の変化について、著者が連続ツイートで詳しく説明しています。

このまとめを見る