「いざとなったら死んでしまってもいいのだから」と思った時に、自分を締め上げていた力から解放されて、フワッと楽になる感覚がある。「生きろ」という大声でも、もちろん「自殺しよう」でもない何か。絶望の底ではそれが効くことを体験として知っている。『自殺マニュアル』とはそんなもの。

返信 リツイート いいね

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

著者・鶴見済が語った『完全自殺マニュアル』の背景、社会、そして生と死

93年に発売されベストセラーになった『完全自殺マニュアル』が出版された背景、生と死、また社会の変化について、著者が連続ツイートで詳しく説明しています。

このまとめを見る