自由はある面ではまだまだ足りないが、インターネット空間や不登校・失業生活など、自由がありすぎるという問題も出て来て、自由を求める反抗は弱まってきた。新自由主義のせいということだけでなく。なので自分も、抑圧からの自由を求める以前のようなやり方は取ってない。

返信 リツイート いいね

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

著者・鶴見済が語った『完全自殺マニュアル』の背景、社会、そして生と死

93年に発売されベストセラーになった『完全自殺マニュアル』が出版された背景、生と死、また社会の変化について、著者が連続ツイートで詳しく説明しています。

このまとめを見る