1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

▼小さい頃

IQ130だけど小学校のとき何にもしなくても自然とトップクラスの成績だった
当時はなんでみんなこんなのがわからないんだろうとふしぎだった
勉強って誰でも同じように勉強すれば同じように成績上がるもんだと思ってたけど
やっぱり素質とかあると思うわ

自分の問題の解き方が変だってこと。

小学生のころから答えはあってるけど途中式が先生の教えたやり方と違うとかでこのやり方は他で習ったの?とか聞かれてた。

本などの嗜好を理解してくれる人がなかなかいない。

例えば家族に数学書をねだったら「こんな本面白いの?」などとよく言われた。
雑誌や小説なんかより面白いんだよ俺にとっては。

▼仕事

理解スピードが早すぎて、上司に
「そんなにわかるなっ!」と叱られた高IQのやつを知ってる。

少々の仕事じゃすぐ覚えてしまって、覚えるまでが
一番スリリング

同時に4つぐらいのことを考えながらAについて議論しつつCについて考えてもいるので
Aの話が終わったとたん「じゃあCはこうでどうですか」と降るので
会議で周りの人達が目を白黒させている時には予想できない方向から考えがやってきてそれを提案するのでみんなえ!?ってなってる
でもそれが解決案に決定する
そして会議の終了時には全ての問題に結論がでている
まるで品数の多い料理の全ての皿の料理を同時に食べ終わったときのようだと、いつも感じる

こちらの説明を理解してもらえない
一から全部説明しないとダメのようで、上司にそれじゃわからんと言われる

話も聞いてすぐに問題点と解決策がわかり会議があっというまにおわる

できるやつのレッテルを貼られる

同じような仕事(10で完遂とすると)振られると
同僚には1~5まできっちり説明引継ぎした後に残りの5を託される

▼対人関係

自分にとっては1歩でも相手に取っては何歩先かも分からない
話が噛み合わなくなるので説明が下手と思われる

自分が当然と思ってることが相手には当然じゃないことが時々あって驚く

相手が疑問に思うであろうことを予め説明して気味悪がられたりする。

なんで何にも言ってないのにわかったの?って
褒めてくれたり喜んでもらえると嬉しいけど、鳥肌立ったって言われた時はちょっと悲しかった。

会話してても話のテンポが合うのは両親だけ

兄弟は普通みたいで、話してると「え?それどういう意味?」って
水ばっかり差されてつまらない
それは他人と話してても同じ

人とのコミュニケーションに力を注いでみると、浅はかな黒さばかりが見えて嫌になる。

相手がなんでわからないのかがわからない

▼独り言

頼られるが、誉めてもらえない

理解しようとしなくても、頭が勝手に理解する。

本の見開きのどの位置にその単語があったのか覚えている

人と話しても話しの内容すら理解していない人ばかりで疲れる。
同じ人間と思うと腹が立つので段々コミニュケーション下手になって行く。

知識は豊富だし、論理的に話すことに長けてるけど 人の気持ちを読み取る、空気を読む事に関しては全然ダメな奴が多い

空気が読めるようになるなら、
無駄な高IQはいらないわ
IQ100そこそこの普通の人になりたかった

高IQはむしろ障害ですよ。
一般人で目立たないほうがよっぽど生きやすいってもんで、中途半端なIQ130なんて
周囲の人間や環境によっては話も合わなけりゃ、いいように使われるだけで疲れるだけ。

IQが高くても何も良いことなんてないな、と思う

「正しいかどうかより大勢の素人を納得させる事が大事なんだな」

▼おまけ!

1 2