1. まとめトップ

日本人の英知の結晶☆こんにゃくの由来と作り方

元はアクだらけで食べられなかった芋から、まさかの工夫により、新たな食材であるこんにゃくを生むという奇跡の過程をご紹介。

更新日: 2018年11月08日

3 お気に入り 3342 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

こんにゃく好きです。

moepapaさん

こんにゃくとは

コンニャク(蒟蒻、菎蒻、学名:Amorphophallus konjac)は、サトイモ科の植物、あるいはその球茎から製造される食品。
コンニャクを食用としている地域は日本、中国、ミャンマー、韓国の各国であり、コンニャクの原料となるコンニャクイモの2007年度(平成19年度)の日本での収穫量は66,900t。

主産地は群馬県 (89.5%) で、第2位栃木県 (4.1%) 、第3位茨城県 (1.7%) と続き、全国の約95%は北関東で生産されている。

作り方

良質のこんにゃく芋があれば、労を惜しまなければ、自家製こんにゃくを作ることも可能です。

こんにゃくレシピ

うまく作られたこんにゃくは石灰臭さもなく、酢味噌でおいしくいただけます。

一時期流行りましたね。

定番のこんにゃく利用料理のひとつです。

醤油ダレを塗って、わざと焦がすくらいにすると絶品です。

ちょっとびっくりの、黒蜜をかけてデザートに。

動画

1 2