1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

STAP評論家?ヘアヌード?小保方晴子氏の芸能界デビューへ争奪戦が勃発している...

あのSTAP細胞の小保方晴子さんだが、不正論文騒動では一応の決着を見た。研究者としての今後は絶望的だが、出版社の間では要注目の存在だ。そんな世間を騒がせた小保方晴子さんに芸能関係者の争奪戦が勃発し過熱している。STAP告白&ヘアヌードは、あるのか?果たして。

更新日: 2015年07月23日

30 お気に入り 200888 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yasuckeyさん

■あのSTAP細胞の小保方晴子さんだが、不正論文騒動では一応の決着を見た。

昨年から続いたSTAP(スタップ)細胞の論文不正問題が遂に解決し新たな展開を迎えている。

STAP細胞の論文の不正問題をめぐり、理化学研究所(理研)は、昨年12月に理研を退職した小保方晴子

今回のSTAP細胞事件は、多くの日本の代表的大学病院を巻き込んだ降圧剤ディオバンをめぐる不正事件などとは異なり、たった一人の若い研究者による研究不正だった。

「私の未熟さゆえに論文発表・撤回に際し、理化学研究所を始め多くの皆様にご迷惑をおかけしてしまったことの責任を痛感しておりお詫びの言葉もありません。」

■そして、論文掲載費の返還を持って今回の問題は収束した。

先日、小保方晴子さんが論文掲載費の返還を行い今回のSTAP問題は、終幕した。

STAP(スタップ)細胞の論文不正問題で、理化学研究所は7日、4件の不正があったと認めモンクレール アウトレット 御殿場定した小保方晴子・元研究員から、論文掲載費約60万円の返還を受けたと発表した。

理研は小保方氏に約2年間で約4600万円の研究費を支給。さらに、不正調査などに約8360万円をかけたが、小保方氏の研究全体が不正だったわけではないなどとして、返還請求の対象は論文掲載費だけにとどめた。

小保方氏の代理人をつとめる三木秀夫弁護士は「理研の調査結果に納得はしていませんが、係争にかかる負担の大きさを考えて、これ以上の係争を避ける判断をいたしました」というコメントを発表した。

●結局、小保方晴子さんは何がしたかったのか?疑問のままである。

■世間を騒がせた小保方晴子さんに芸能界からオファーとの噂が絶えない。

今、彼女を巡り、芸能界が水面下で争奪戦を繰り広げているという。

かっぽう着姿のパフォーマンスと記者会見での女優を彷彿させる“演技力”は十分に買いでしょう。

世間を注目させたかっぽう着姿のパフォーマンス、記者会見での女優のような演技力の2点は十分“買い”です。

カメラ慣れもしているし、テレビ局からすればのどから手が出るほど魅力的な人。世間を“あざむく”手腕はタレントとしての才能でもある

初出しなら高い数字(視聴率)が見込め本人次第では、タレントとして、バラエティーのレギュラーという道も開けてくると思いますよ」とは民放関係者。

出版関係者によれば「彼女のもとには、理研内部の実態を記した暴露本や写真集のオファーが殺到しているそう

芸能界だけでなく、彼女をめぐっては、すでに複数の出版社が接触中だとか。

■そこで期待されているのが・・・

芸能界が彼女に期待するものは、やはり・・・STAP告白&ヘアヌード?


硬派出版社の3社を中心に争奪戦の状況は?

狙いはズバリ「リケジョ・タレント」「巨乳グラビア・リケドル」への転身だ。

巨乳、乳首見せ写真集なら部数20万部、最低でもギャラ8000万円という大変な価値がある

■そんな小保方晴子さんの現在は・・・?

表舞台から姿を消した小保方晴子氏さん。現在は、どこで何をしているのだろうか?

1 2