1. まとめトップ

その頭痛 夏の日光が原因かも【原因と対策】

気持ち良い青空。なのにひどい頭痛。実はその原因は夏の陽射しかも。

更新日: 2015年07月23日

5 お気に入り 39940 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

holuhooさん

日光による頭痛?

まさか日光が頭痛の原因の一つとは

頭に直射日光があたることで片頭痛が引き起こされる人がいます。紫外線による疲労や、日光の熱の影響、また、光刺激によって頭痛が起こると考えられています。

意外と日光にやられちゃってる人が多い

自分も含めTLに何人も頭痛の人がいらっしゃる。日光のせいだろうか。太陽有休とれコノヤロー。(銀魂)

頭痛ちょっと軽くなった٩( 'ω' )و なにこれ寝不足ってこと?٩(ŏ﹏ŏ、)۶ それとも日光がダメってこと?٩(ŏ﹏ŏ、)۶ 家に着いて休んでたら楽になったんだよなーσ(´-ε-`)ウーン…

日光みると頭痛が起こるんですが、皆もなりますよね?? 昔からたまになるから、小学生くらいのころは『今日は吸血鬼の日だぁ…』と思ってました。

原因は?

熱中症という言葉をよく耳にしますが、昔は日射病というのがポピュラーだったような

日射病とは、頭部に強い直射日光を長く浴びたとき起こる病気です。前駆症状として全身の倦怠感、吐き気、あくびなどの症状が現れ、やがて頭痛や意識障害などを起こします。体温調節中枢の機能が低下して体温が急上昇し、時に40℃を越えることもあるとされています。日射病は解りやすく言えば、強い日差しを浴びて歩き回ったときに体がオーバーヒートして起こるものです。顔が赤くなって息遣いが荒く、皮膚は暑くてさらさらと乾いた状態になりますが汗は出ません

毎年、体温を超えるような気温がニュースに出てきますが、当然ながら身体は疲弊します。
天気予報をチェックして予防策を!

気温が高いと片頭痛が増悪することがアメリカの研究で明らかになっています。研究によると、受診前24時間の気温が頭痛の症状と密接に関連していることがわかり、受診前24時間の気温が5℃上昇するごとに頭痛が重症になるリスクが7.5%上昇したと報告されています。

湿度は高くても汗をかいた身体はどんどん乾燥していきます。水分補給はもっとも大切かも

乾燥も頭痛の誘因になります。晴れて暑い日には、外出時にも水筒やペットボトル飲料を持参したり、自宅でもこまめに水分を摂取するようにして、乾燥を防ぐようにしましょう。

光が頭痛を誘発するのは日光だけではないですが、やはり注意が必要

光は脳への刺激となって頭痛を引き起こしやすいですが、そこに熱がプラスされることから、夏の日光は片頭痛の危険性を高める要因となります。
暑さ対策、日光対策を同時に行って片頭痛を予防しましょう

日光が原因の頭痛を予防するには

当然のようだが意外とできてない。

屋外にいく時は、帽子を着用しましょう。つばの大きい帽子を被り、その下にはタオルなどを入れ、後頭部と首に直射日光が当たらないようにするのがよいでしょう。また、日傘をさすようにしましょう。日陰を選んで歩くなどの配慮も必要です。

熱くなったら頭を冷やす。
熱がこもり始めると危険です。
冷却シートやアイスバッグを使って冷やしましょう。

出典片頭痛に効く.com

日光から目を守るためのサングラスと思いがちだが、頭痛にも有効らしい

サングラスの着用をお勧めします。サングラスは薄茶色や、赤茶色のものがよいとされています。青色や真っ黒なサングラスでは、逆に頭痛が誘発される場合があると言われています。

基本のキ。水分、ミネラルの補給はやっぱり大切

血液から水分が抜けていくと、血の流れが悪くなります。
脱水症状を防ぐためにも、こまめな水分補給が大切です。

いくら黒い服が好きでも、やはり夏は黒以外が良いみたい。

黒い服は熱を溜め込みやすくなります。
日射病対策として、通気性のいい黒以外の服にしましょう。

出典http://片頭痛に効く薬.com/archives/523

外からの熱の吸収を抑え、体の熱をスムーズに逃がす洋服を選びましょう。そのために、吸水性や通気性が高い綿や麻といった素材がおすすめ。最近は、速乾性にすぐれた機能性素材の衣類も多く市販されています。また、色は熱の吸収率が低い白や淡い色合いのもの。熱がこもらないように、そで口や衿ぐりがあいたデザインを選ぶとよいでしょう。

1