1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

子連れにおすすめ!夏休み中に毎日花火が上がる観光地のまとめ

花火大会は混雑するので、小さい子供を連れて参加するのは難しいですが、迫力ある打ち上げ花火を見たら夏のいい思い出になるのではないでしょうか。規模はかなり小さいですが、毎日花火があがる観光地なら、混雑もなく近くからゆっくり鑑賞ができるので、子連れファミリーにはおすすめです。

更新日: 2016年10月24日

240 お気に入り 110988 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

CuteMonsterさん

人混みの中での花火大会は無理!という人におすすめな毎日花火

近くで大迫力の打ち上げ花火を見たら、夏のいい思い出になりそうだけど、子連れの花火は無理!
でも、毎日花火があがるところなら、混雑なくゆっくり近くで花火を見ることができるので、子連れファミリーには特におすすめ!

チビ連れだと、花火大会の会場の中心地なんて、ホント無理!
それに、あんまり長いと子供は飽きて来たりトイレに行きたがるから、この花火はちょうど良かった

渋滞や人混みなどを気にせず花火が見られるため、子どもたちの花火デビューにぴったり。

↓↓↓ということで、毎日(日程は要確認)花火を見ることができるところをまとめてみました。ホテルの部屋から眺めるのもよさそう。

諏訪湖(長野)

期間:平成27年7月26日(日)〜8月31日(月)
※8/15を除く
時間:毎晩 20:30〜 約15分
1日800発
http://www.suwako-hanabi.com/summer/

旅館にご宿泊のお客様や地元の方が中心でほんのわずかの見物客しかおりません。ですからとても間近で迫力のある花火を見ることは出来ます。

混雑なく湖畔の芝生からゆっくりと花火をご覧頂けます。
夜風の中で音楽に合わせた華麗な花火をお楽しみ頂けます。
浴衣でカランコロン♪♪で、ゆっくりと花火をご覧ください。

洞爺湖(北海道)

期間:平成27年4月28日~10月31日
時間:毎晩20:45~21:05
1日約450発
http://www.laketoya.com/

洞爺湖名物のロングラン花火大会。期間中、毎日打ち上げられる450発もの花火は、夜の洞爺湖を色鮮やかに包み込む。湖上から船から打ち上げられる花火が夜空を彩る光景を、洞爺湖温泉街の客室や露天風呂からも見ることができるのが好評だ。

ホテルに泊まっているときは夕食後に部屋からゆっくり見ることが出来ます。洞爺湖を散策しながら見ている人もいます。友人は展望露天風呂から来てたいそう感動していました。遊覧船からも見ることが出来ます。

鳥羽(三重)

◆鳥羽湾毎夜連続花火(約5分間)
7月25日(土)~8月8日(土)   佐田浜
8月9日(日)~8月13日(木)  安楽島湾
8月14日(金)~8月18日(火) 小浜湾
◆小浜連続花火(約3分間)
8月19日(水)~8月26日(水) 小浜湾
時間:20:30~(約3~5分間)
http://www.kankomie.or.jp/event/detail_9503.html

夏の鳥羽は毎日20時頃から花火が見られる!これってすごいですよね?打ち上げの場所は日によって変わるそうなのでHPをチェックしてみて下さいね。

佐田浜堤防先、安楽島湾、小浜湾から打ち上げられる花火を旅館に泊まって眺めるのも、風情があってオススメ。

笛吹川河川敷(山梨)

約10分間だが、花火は夏の夜の風物詩として、地域や観光客に親しまれている。連日の開催で、護岸の階段席でゆっくりと観賞できる。

さらに、連夜花火期間中は同時開催として、全国でも珍しい「徒歩鵜」を行う、「石和鵜飼まつり」も開催されます。

天津小湊(千葉)

フラッと立ち寄ったのですが・・・
ほのぼの感満載で、全く混雑ナシ!!!
穴場花火でしたヽ(*´v`*)ノ♪

小湊漁港から打ち上げられ、周辺のホテルなどからもよく見えるため、地元住民だけでなく観光客もたくさん訪れる。

片山津温泉(石川)

約1ヶ月毎晩打上げられる。柴山潟から打上げられる花火とライトアップされた柴山潟大噴水との競演が素晴らしい。

開催期間中に片山津温泉で宿泊すると、屋形船から優雅に花火観賞ができる(有料、要予約)。

城崎温泉(兵庫)

1 2