1. まとめトップ

アトピー最強対処療法熱湯シャワーって?

熱シャワー、熱シャ、いわゆる民間療法の類ですので知識として留めて実行はしないで下さい、医師の適切な指導のもと治療しましょう。

更新日: 2018年03月30日

5 お気に入り 99584 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

puchimaruさん

謎の熱シャ療法とは

重度のアトピーのところへ50度弱の熱いお湯をかけたら、気を失うくらい気持ちよいのはなぜですか?

本当なのか!?

気持ちいいしかゆみも飛ぶからいいとは思うけどな
火傷さえしなければ

油っぽい肌で痒い人は熱いシャワーは効きます。
熱い湯が皮脂をがっつり落としますから。

熱シャワー、もう10年以上続けてる。
最初は45度くらいだったけど、今は50度が適温w
結構重かったのが、今では見た目普通になったよ。
風呂出た後に体冷やしながら保水するのが自己流です

42度で熱いと感じるってまじ?・・・ぬる過ぎるんだけど・・・基本的な温度かと思ってたよ。
今は48が気持ちいレベルな体質になってるからからかな
一応アトピーは9割治ってる

やはり弊害も

医者は熱シャワー絶対だめっていうけどやめられないね。

いやいや、熱射したら超激乾燥、汁だく、皮膚断裂の三重苦が待っている

ドライヤー、熱シャワーは一時的に症状が治まる
でも、明らかに皮膚がその後荒れる
俺には合わなかったわ

熱湯の刺激が、メラミンの生成過程を狂わせて、
色素沈着を起こした可能性

熱シャすると痒みの神経が発達しやすくなる
一度神経が発達すると刺激に敏感な肌になってしばらくなおらないよ
それに長引くと神経の発達が癖になる

ヒートショックプロテインとの関係は

熱ショックタンパク質(ねつショックタンパクしつ、英:Heat Shock Protein、HSP、ヒートショックプロテイン)とは、細胞が熱等のストレス条件下にさらされた際に発現が上昇して細胞を保護するタンパク質の一群であり、分子シャペロンとして機能する。ストレスタンパク質(英:Stress Protein)とも呼ばれる。

ヒートショックプロテインとは、タンパク質です。傷ついた細胞を修復するとても重要なタンパク質のことを言います。
免疫力を高める効果や、美肌効果で肌ツヤUPといった体を元気にする優れた存在

子供~大人までたくさんの人が悩まされている「アトピー」にも大きな効果が出ています。なんとヒートショックプロテインがダメージを受けた傷や異常細胞の修復を行ったり免疫力を高めてくれることで、肌の荒れが治まるという

1