1. まとめトップ

もう悩まないで!「肉割れ・妊娠線」の原因&解消法

脚やお腹に出来てしまう「肉割れ・妊娠線」に悩んでいる女性は意外と多いそうです。その原因とは何なのでしょうか?さらに、自分で出来る解消テクニックまで、分かりやすくご紹介します!悩んできた方には是非お試し頂たいです♪

更新日: 2015年07月24日

9 お気に入り 11122 view
お気に入り追加

「肉割れ」とは

何らかの原因で皮膚が強制的に引っ張られ、皮膚に線が出る症状のことを肉割れと呼びます。

裂けた部分の多くは、血行が悪くなり、肌の再生力が衰え、跡が残ってしまうのです。

「肉割れ」が出来てしまうメカニズム

・お腹が大きくなる

・皮膚が伸びる

・妊娠の影響でさらにお腹が大きくなる

・皮膚が耐え切れずに切れてしまう

切れてしまう、ということに恐怖を覚えている方も居るかもしれません。しかし、「切れる」とは、皮膚の全部が断裂するわけではありません。そもそも、皮膚は3層に分かれいるのです。

皮膚は、上から表皮、真皮、皮下組織の3つの組織が重なり合うことで構成されている。

3つが組み合わさってできているわけですが、断裂するのは表皮のみです。
その他の部位は切れることはないので、痛みといったものは発生しにくいわけです。

「肉割れ」の主な原因は?

特に皮膚が柔らかくて、脂肪がつきやすい部分に出来るので、お腹や太もも、お尻に肉割れができやすくなります。

この肉割れができる原因は身近に潜んでいます。

①急激な体重増加

肉割れで一番多い原因は肥満が原因による肉割れです。急激な肥満により皮膚が引っ張られ、肌内部の真皮という部分に傷が付き、皮膚の表面に赤っぽい線が出てきます。

、過度な食事制限などによるダイエットは大きなストレスとなって暴飲暴食につながり、急激に太ることで肉割れが起こります。

②成長期

成長期にできる肉割れはストレッチマークとも呼びます。成長期は代謝も活発なので、真皮の働きも活発です。

成長に対し、皮膚内部の真皮という部分がついていけず、細胞内部で亀裂を起こした状態。

③妊娠

肥満とは異なる原因ですが、妊娠中の肉割れは、腹部の下部分など自分で見えない部分で肉割れが進行している場合があります。

どれも、体の急激な変化が原因ということが分かりますね。
妊娠や成長期は、仕方のないように感じますが、何か対策はあるのでしょうか?

1.保湿をしっかりと!

皮膚が乾燥すると弾力や伸縮性が失われ、線ができやすくなります。予防には保湿が大切です。

肉割れ線ができやすいお尻、太もも、膝裏、ふくらはぎはとにかく保湿してください。

1 2





バスそるとさん

気になったことをまとめます!
是非参考にしてください!!