1. まとめトップ

夏は要注意 日本に定着「セアカゴケグモ」全国自治体情報

近年、注目を集める毒グモ「セアカゴケグモ」。ほぼ全国で発見され、もはや日本に定着したとみられる。全国自治体の関連情報をまとめた。

更新日: 2018年09月21日

0 お気に入り 4936 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

【最新情報】2015年7、8月、春日部市、出雲市で新たに見つかる

県みどり自然課によると、7月31日に同市大枝のUR都市機構武里団地内で、側溝を清掃していた清掃員が生体1匹を発見。翌1日に春日部市と県東部環境管理事務所が前日の発見現場を中心に調査を行ったところ、団地の駐輪場から新たに生体4匹と卵のう2個を確認し、全て駆除した。

出雲市国民宿舎「国引荘」で、セアカゴケグモが1匹発見。全館に目視確認を依頼し、現在のところ他にセアカゴケグモは確認されていない。また、周辺にセアカゴケグモがいないか捜索を依頼。注意文を施設内に表示するよう指示。出雲市内に防災無線での注意喚起を放送。

◇国も予想を超えた広がり方に注意を喚起

庭の手入れ、植木鉢やプランタを運んだなどで咬まれた症例が多い。これは、既にセアカゴケグモが一般住宅の敷地内に入り込んでいることを示している。

地方自治体による調査は系統的に行われておらず、突然大量のクモが発見される事例があることから、患者が咬まれた地域と今までの分布地域が一致するとは限らないことに留意すべき。

◇夏から秋にかけて活動が活発化する

セアカゴケグモ・ハイイロゴケグモは国外から侵入してきた毒グモです。ゴケグモの仲間は夏から秋にかけて活動が活発化します。

◇全国自治体による注意情報

【北海道】

セアカゴケグモが北海道で初めて確認されましたのでご注意ください。平成27年6月2日に北海道北見市内においてクモが発見され、環境省を通じて同定したところセアカゴケグモと確認されました。

【青森県】

【岩手県】

2013年6月24日に,盛岡市内の自動車整備工場で,毒性のあるクモであるセアカゴケグモが見つかりました。セアカゴケグモが確認されるのは,岩手県では初めてのことであり,国内では最北での確認となります。

7月4日(木)午前中に市内北鬼柳の事業所敷地内で、外来生物法で指定された特定外来生物であるセアカゴケグモが確認されました。同種のクモが確認されたのは県内で2例目であり、北上市内では初めてです。

【宮城県】

平成26年10月25日、名取市内でセアカゴケグモ1匹が確認されました。県内では、平成23年9月8日に多賀城市で初めて確認されて以降、2例目となります。

【秋田県】

【山形県】

【福島県】

平成25年9月4日(水)、市内において県内で初めてセアカゴケグモが確認されました。

【茨城県】

セアカゴケグモは、外来生物法で特定外来生物に指定された、人の生命または身体に関わる被害がある毒を持つクモです。神栖市では2013年1月に初めて発見され、その後4件の発見例があります。

【栃木県】

1 2 3 4