1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

archipediaさん

スイデンテラス(2018)

建築主:
設計者:坂茂建築設計
構造設計:Arup
設備設計:
施工者:サイエンスパーク特定建設工事共同企業体
敷地面積:
建築面積:
延床面積:
構造:
規模:
高さ:
主要用途:宿泊施設
竣工:2018年
総工費:
受賞歴:

【概 要】
スイデンテラスは、庄内地方の街づくりベンチャーである弊社が、建築家の坂 茂氏の設計のもと、バイオベンチャーが続々と生まれ、地方創生のモデルとして注目を集めるサイエンスパーク内につくる宿泊滞在施設です。全143室ある客室はすべて木造で、四季折々で表情を変える田園に優しく浮かぶように建てられており、自然と調和した景観を作り出しています。

(仮称)鶴岡市民会館

建築主:鶴岡市
設計者:妹島・新穂・石川共同体
構造設計:
設備設計:
施工者:竹中工務店・菅原建設・鈴木工務店JV
敷地面積:13,096.84㎡
建築面積:約6,210㎡、
延床面積:約7,887㎡
構造:RC・S造
規模:地下1階地上3階
高さ:約31m
主要用途:多目的ホール
竣工:2016年予定
総工費:約80億円
受賞歴:

山形県の鶴岡市に現在計画中の多目的ホールで、主に音楽と演劇のためのホールです。鶴岡市は、市民なら一度は文化会館を使ったことがあるというくらい、皆さんが演劇や音楽に慣れ親しんでいる、非常に文化レベルの高い街です。また、鶴岡市は折衷様式の明治時代のモダンな建物など、古い建物が多く残されている美しい街です。文化会館のある敷地は街中で、すぐ隣には元もと「致道館」という藩校[注2]がある、歴史ある場所です。

設計業者は公募型プロポーザルで選定された妹島和世建築設計事務所を代表とする妹島・新穂・石川共同体です。
平成26年度に工事着手、平成28年夏頃の開館を目指します。

1200席のホールとリハーサル室、楽屋6室、練習室2室、会議室2室、展示スペース他。
駐車場150台。

 新文化会館の特徴を〝回廊空間〟とし、日常は回廊を回り、公演時には仕切りの位置を変えて多様なプログラムに対応するとしています。

庄内町新産業創造館クラッセ

建築主:庄内町
設計者:羽田設計事務所 水戸部裕行、地主愛子
施工者:
敷地面積:2845.45㎡
建築面積:約1494.82㎡、
延床面積:約2243.31㎡
構造:木造、一部混構造
規模:地上2階建
高さ:約m
主要用途:
竣工:2014年
総工費:約  億円
受賞歴:グッドデザイン賞2014
掲載号:

東北公益文科大学鶴岡タウンキャンパス 大学院棟

建築主:
設計者:池田靖史+日本設計
構造設計:
設備設計:
施工者:マルゴ
敷地面積:㎡
建築面積:約㎡、
延床面積:約㎡
構造: 
規模:
高さ:約m
主要用途:大学
竣工:年
総工費:約  億円
受賞歴:
掲載号:新建築 2007年10月号191頁

朝日新聞山形ビル

建築主:朝日新聞社
設計者:妹島和世建築設計事務所
構造設計 佐々木睦朗構造計画研究所
設備設計 森村設計
施工者:清水建設
敷地面積 571.99m2
建築面積 226.62m2
延床面積 708.35m2
構造 鉄骨造
規模 地上3階
主要用途 事務所
竣工 2002年4月
受賞歴:
掲載号:新建築

酒田市写真展示館 土門拳記念館

建築主:山形県酒田市
設計者:谷口吉生 (株)谷口建築設計研究所 
施工者:間組・平尾工務店共同企業体
敷地面積:㎡
建築面積:2,063.09㎡、
延床面積:2,054.39㎡
構造:RC造一部SRC造
規模:2階建
高さ:約m
主要用途:美術館
竣工:1983年
総工費:約  億円
受賞歴:
1984年 第9回吉田五十八賞
1987年 芸術院賞
2009年 第9回JIA25年賞
掲載号:

酒田市飯森山公園内の中心施設として創られた土門拳記念館は、26年を経ているにも関わらず、時間の経過を感じさせません。
審査員(出江会長、細田氏)一同その美しさ保存の良さに感動致しました。この建築について設計者の谷口氏は「敷地周辺の美しい自然と建築のかかわりを設計の第一の拠り所にする」と述べていますが、その意図は充分果たされ、白鳥池に接して佇む記念館は、坂田市民にとって掛替えの無い財産になっていると思います。又、「過剰な意匠は避ける」とも氏は述べていますが、正方形が重層する外観は、格調高く気品すら感じさせます。

山形大学工学部創立100周年記念会館

建築主:(社)米沢工業会 山形大学
設計者:高宮眞介/計画・設計工房
施工者:米木建設(建築) ユアテック(設備)
敷地面積:97,456.07㎡
建築面積:約650.25㎡、
延床面積:約658.38㎡
構造:鉄筋コンクリート、一部鉄骨造
規模:2階建
高さ:約m
主要用途:大学
竣工:2010年
総工費:約  億円
受賞歴:
掲載号:新建築 2011年10月号040頁

銀山温泉/藤屋

建築主:
設計者:隈研吾建築都市設計事務所
構造設計:中川捷夫研究所 
設備設計:森村設計
照明計画:小西武志+建築照明計画 
ステンドグラス:アトリエ・ルプランス 志田政人
施工者:愛和建設

敷地面積:㎡
建築面積:約㎡、
延床面積:約㎡
構造:
規模:
高さ:
主要用途:旅館
竣工:2006年
総工費:約  億円
受賞歴:アジア・デザイン・アワード (2008, 香港)
掲載号:GA Japan 82 ,新建築 2006.9

雪国の深い谷の底にたつ、木造4階建ての温泉旅館。100年の歴史を持つ建物が老朽化したため、使える木材を再利用して、リノベーションを行った。後に付加されたコンクリート建築をすべて取り去り、元々の木造建築の繊細さに可能な限り戻すことを試みた。
すむしこと呼ばれる繊細なスクリーンと、4mmの巾の竹を用いたヴェールダルトと呼ばれ、中世シトー派修道院で好まれた、限りなく透明に近いステンドグラスを新たに導入することで、大正時代に建てられた既存建築に対し、さらなる繊細な表情を与えることができた。

山形BPOガーデン

建築主:プレステージ・インターナショナル
設計者:久米設計(小野田環、岡本賢吾)
施工者:大林組
敷地面積:38,197.95㎡
建築面積:3,488.88㎡、
延床面積:4,760.51㎡
構造:S造 
規模:2階建て
高さ:約9.78m
主要用途:事務所
竣工:2013年
総工費:約  億円
受賞歴:
掲載号:

水の町屋 七日町御殿堰

村山市総合文化複合施設 [甑葉プラザ]

1