1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

まるでシャボン玉みたい…とってもキレイな虹色風鈴が気になる♪

夏、家の軒下などに取り付けられる風鈴。風が吹くと音が鳴り、音色を聞いた人を涼しげな気分にさせてくれますよね。風鈴も多くの種類がありますが、虹色風鈴と言うのを知っていますか?これがまるでシャボン玉のように揺らめいてとてもキレイと話題になっています。

更新日: 2016年08月25日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1465 お気に入り 171953 view
お気に入り追加

▼夏の風物詩と言えば「風鈴」

夏、家の軒下などに取り付けられる風鈴。
風が吹くと音が鳴り、音色を聞いた人を涼しげな気分にさせてくれますよね。最近では、見た目も色合いも涼しげな風鈴が多く出ています。

日本の夏に家の軒下などに吊り下げて用いられる小型の鐘鈴

元は中国にて、魔除けや占いといった目的で家の四方に鐘を吊り下げていたものが風鈴の始まりと言われている。

▼風鈴の音色に「涼しさ」「心地良さ」を感じるのはなぜだろう?

「風が吹いている=涼しい」と感じる日本人の条件反射のようです。

音を聴いて「涼しい」とイメージすることで、実際に涼しくなる

▼多くの風鈴があるけれど…「虹色風鈴」って知ってる?

シャボン玉にそっくりな虹色風鈴。
丸いガラスが虹色に揺らめいて、軽やかに音を鳴らします。

2012年からスタートしたこの風鈴。

光の加減により、様々な色合いを見せてくれるのが魅力。
この形と色を表現するために、ひとつひとつが完全手造り

鈴木啓太さんが、千葉の九十九里にあるガラスメーカー菅原工芸硝子と一緒に開発した、まるでシャボン玉のような風鈴

▼これは、プロダクトデザイナー鈴木啓太さんが作った風鈴。

プロダクトデザイナーの鈴木啓太さん。
2012年に設立した
「PRODUCT DESIGN CENTER」の代表取締役。
「富士山グラス」などでも有名ですよね。

http://www.productdesigncenter.jp/

1982年愛知県生まれ。
2006年多摩美術大学プロダクトデザイン専攻卒業。

2012年に独立し、デザインオフィス PRODUCT DESIGN CENTER、プロダクトブランド THEを設立。

「緻密に緻密をデザインする」をテーマに、スタートアップ企業やメーカーとのイノベーション開発、漆のお椀からスマートフォンまでの新製品開発に携わっている。

今年も虹色風鈴できました。昨年より音色が少し改良され、よりシャボン玉らしさが増しました。 pic.twitter.com/LkMlP5ObVj

▼その姿は、儚いシャボン玉のようで…。

シャボン玉ってじーっと見つめちゃいますよね。

ガラスに特殊な加工を施し、
まるでシャボン玉がつるされているかのように見えます。

景色の中に、ずっとシャボン玉が浮かび続けているよう

▼やっぱりみんなも欲しいと思ってた♡

1 2





lulu0803さん