2006年には、東急プラザ前から神宮通公園までの間には、地下約25mから約38mの深さに、延長760m、内径2.6mmの貯水管が完成しており、整備は進んでいる。

出典大雨被害で再注目、都心の水害対策はどうなっている? - 夕刊アメーバニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

また?渋谷がたびたび浸水する理由…でも、安心してください!【地下の秘密】

7月24日、東京都心などを襲った強い雨の影響で、渋谷駅(渋谷区)の地下街が浸水し、東口バスターミナル近くの9番出入り口が封鎖された。たびたび冠水被害に遭う渋谷。対策として2020年には「地下貯留槽整備」が完成予定。

このまとめを見る