1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

猛暑でもやっぱり気になる‥エアコン代を上手に節約する6つのコツ

夏になると、連日の猛暑日が続くこともあり、「エアコンの電気代」が気になることがあります。節約をしすぎても熱中症にもなりかねないので、どのような対策が必要なのでしょうか?

更新日: 2015年07月28日

885 お気に入り 416969 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●「エアコンの電気代」が気になることがある?

蒸し暑い日、どうにかエアコンをつけずに生活しようと思っていても、やはり暑さにはかなわないもの。

しかし、本能のままにエアコンを使っていると電気代がぐんぐん上がってしまい、家計には優しくありません。

電力会社各社がそもそもの電気代を値上げしていますし消費税もアップしましたので今年の夏の電気代は本当に怖いです

一般的な家庭で消費する電力のうち、なんと約4分の1がエアコンであることが分かっています。

・昨年のデータによれば、夏のエアコン消費電力は「58%」だった

・エアコンの電気代を計算するには?

期間消費電力量×1kWhあたりの電力量料金で計算することができます。

1kWhあたりの電力量料金はご契約される電気料金プランごとに異なります。

例えば、期間消費電力量が800kWhと記載されていた場合、1kWhあたりの電力量料金を22.91円で計算すると、800kWh×25.91円=20,728円

年間にかかる電気代の目安は20,728円ということがわかります。

・エアコンのつけたり消したりは、NG?

リモコンの設定温度まで到達すると、あとはそれを維持するだけなので、部屋自体がある程度涼しくなるとかかる電気代も下がります。

エアコン電気代(概算)の目安:1時間目→約40円 2、3時間目→約15~10円 4時間目以降→約10円弱

冷え込み具合や部屋の断熱性能によるのですが、5時間以上部屋を空ける場合は一度切っても良いと思います。

1時間~2時間程度の外出であれば、いちいち切らないほうがお得ということです

●エアコン代を上手に節約するポイントとは?

1.家中の空気の入れ替えをする

閉めきった家の中は電化製品がある為、外気より温度が高くなってしまいます。できるだけ風通りがよくなるように窓を2ヵ所以上明けましょう。

2.設定温度は28度以上にする

部屋の広さなど使用状況によって変わりますが、設定温度を1度上げるだけで10%ほど節約になると言われています。

3.扇風機やサーキュレーターを利用する

1 2