1. まとめトップ

宮島島内にある美味しい穴子飯のお店をランキング式でまとめました!

あなご飯は、瀬戸内海の地域の郷土料理として有名ですが、もとは漁師料理が発祥とされています。うな丼のように、どんぶりのうえにタレをつけてしっかり焼かれた穴子をトッピングする「あなご飯」が主流です。今では駅弁としても有名で、宮島口・広島駅・岡山駅・新山口駅等でも、販売されています。広島のお好み焼きと並んで愛されるローカルフードです。

第5位 梅山(うめやま)

宮島の表参道商店街の入り口付近にある、「梅山」、ふっくらした穴子とご飯をしっかり食べられる。男子にはボリュームもあるのでオススメ。メニューの中には、にし貝のつぼ焼きなど、お酒のあてにあうメニューもあります。是非注文してみて下さい♪にし貝のこりこりした食感も病みつきになります。

【お店情報 梅山】
住所:広島県廿日市市宮島町844-1
営業時間/ 10:00~16:40(閉店17:00)
定 休 日 / 不定休
電話番号/ 0829-44-0313
穴子飯 1,580円*HP参照 H27.7.10

第4位 いな忠

表参道商店街の中にあるいな忠は、昔から代々継ぎ足して使っている秘伝のタレを穴子にしっかり付けて、焼いた穴子飯がとても美味しいです。僕は、個人的には、お弁当の持ち帰りも好きです。幼稚園から中学校まで一緒の同級生のそうちゃんが家を継いで伝統の味を守っています。

【お店情報 いな忠】
住所:広島県廿日市市宮島町中之町浜507−2
営業時間/ 10:30~15:30
定 休 日 / 木曜不定休(季節により変動有)
電話番号/ 0829-44-0125
穴子飯 1,800円*HP参照 H27.7.10

第3位 まめたぬき

錦水館 まめたぬき の名物料理「穴子陶箱飯」をご紹介。高温のスチームで陶器の箱につめた穴子とご飯を蒸焼きにした、ホクホク、アツアツの穴子飯は、月に何度も食べますが、いつも飽きずに食べてしまうほどです。当館自慢の穴子飯を是非ご賞味下さい。「スプーンですくって穴子がトロける~」とお声を頂く柔らかさが人気の秘密です。

【お店情報 まめたぬき】
住所:広島県廿日市市宮島町1133
営業時間/ 【昼】11:00~15:00(LO14:30)、【夜】17:00~23:00(LO22:30)
定 休 日 / 基本無休
電話番号/ 0829-44-2131
穴子陶箱飯 1,950円(税込)*HP参照 H27.7.10

第2位 ふじたや

宮島の厳島神社の出口から大聖院に向かう坂道の途中にある穴子飯の名店「ふじたや」は、なんとミシュランの1つ☆を獲得した程、有名です。どんぶりには、木フタがされて提供されるので、アツアツの状態で穴子飯を食べることができます。宮島で一番高い穴子飯ですが、お客様評価も納得の味です。

【お店情報 ふじたや】
住所:広島県廿日市市宮島町125-2
営業時間/ 11:00~17:00
定 休 日 / 不定休
電話番号/ 0829-44-0151
穴子飯 2,300円(税込)*HP参照 H27.7.10

第1位 和田(わだ)

宮島の表参道商店街より一歩奥に入った通り、町屋通りにある幸神社の前の階段を上ったところにある和田さんは、炭火で焼いた香ばしい穴子が特徴の味です。ふわっとした穴子の食感とふっくらご飯はたまりません!ランチで是非食べたい穴子飯です。ナインティーナインの岡村さん(昔)のお写真も飾ってありました♪ビックリ・・

【お店情報 あなごめし 和田】 
住所:広島県廿日市市宮島町大町424
営業時間/ 11:00-15:00(穴子がなくなり次第終了)
定 休 日 / 不定休(要電話)
電話番号/ 0829-44-2115
穴子飯 1,800円(税込)*HP参照 H27.7.10

是非、宮島で美味しい穴子飯をお召し上がり下さいませ♪

1





初めまして、宮島の旅館「錦水館」の若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。
宮島の観光をより多くの方に楽しんでもらいたい!という想いから宮島観光に役立つブログを配信しています。