1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

へぴにきさん

リリース目前のWindows 10、知っておくべき情報を総まとめ

7月29日、マイクロソフトよりパソコン向け基本ソフト(OS)の最新版「Windows 10」がリリースされます。既に多くのメディアで様々な報道がされていますが、今回はリリース前に知っておくべき基本的な情報をまとめます。
.
リリース目前のWindows 10、知っておくべき情報を総まとめ


最大のポイントは、既存ユーザー向けの無償アップデート

Windows 10には主に家庭向けの「Windows 10 Home」とビジネス向けにセキュリティ機能などを強化した「Windows 10 Pro」の2つのエディション、そしてモバイル向けに今秋以降リリースを予定している「Windows 10 Mobile」が用意されています。その最大のポイントは、既存のWindowsユーザー向けに無償でアップデートが提供される点。ライバルのAppleは、既に「Mac OS X」のアップデートを無償で提供し続けていますが、ついにマイクロソフトも無償アップデートに乗り出すことになるのです。

マイクロソフトのアナウンスによると、無償アップデートの対象となるのはWindows 7 Service Pack 1とWindows 8.1 Updateのパソコンとタブレット端末を使用しているユーザーで、無償アップデートできるのはリリースから1年間。Windows 7とWindows 8のユーザーでも最新のアップデートを適用していないユーザーは対象外になるため、パソコンのシステム情報で現在のOSバージョンを確認し、必要に応じて「Windows Update」を使用してOSを最新の状態にしておくことをお勧めします。
.

リリース目前のWindows 10、知っておくべき情報を総まとめ


ちなみにWindows 10 MobileはWindows Phone 8.1のユーザー向けに無償アップデート提供される予定ですが、現在日本国内で発売されているWindows Phone 8.1端末は、マウスコンピュータの「MADOSMA」のみ。今後の予定では、SIMフリースマートフォン「KATANA」がフリーテルから発売される見込みで、THE PAGEでもレポートをしていますが、多くのメーカーからWindows 10 Mobileを搭載した新たなスマートフォンやタブレット端末の登場が期待されます。

アップデートの予約は簡単、でもご利用は慎重に

Windows 10へのアップデートを希望するユーザーは、現在使用しているパソコンのWindows Updateにアップデートの予約を促すアナウンスが出ていれば、そこから予約をするだけで7月29日以降に自動的にアップデートが開始されます。マイクロソフトのスケジュールではまず「Insider Program」というベータテストに参加したユーザーに優先的にアップデートが行われ、その後アップデートを予約したユーザー、全ての対象ユーザーへと段階的にWindows 10が提供されます。そのため、予約をしても29日にすぐ提供されるというわけではないようです。
.
リリース目前のWindows 10、知っておくべき情報を総まとめ


ただし、iPhoneやAndroid端末でOSのアップデートに馴染みのある人でもパソコンのOSアップデートは初めてというユーザーも多いのではないでしょうか。スマートデバイスと違い、パソコンのOSアップデートではいくつか注意すべき点があります。それが、パソコンで使用しているソフトウェアやデバイスドライバーと呼ばれる周辺機器を使用するために必要なツールのアップデートで、パソコン内に保存したデータのバックアップと併せて、OSアップデート前にチェックしておきたい重要なポイントです。

普段パソコンではオフィスソフトや画像編集ソフトなど様々なソフトウェアや、プリンターやスキャナー、外付けハードディスクやメモリーカードリーダーなどの周辺機器を使用していますが、これらのソフトウェアや周辺機器の動作に必要なデバイスドライバーは、OSをアップデートしても自動的にはアップデートされません。アプリストアで一括してアプリを更新できるiPhoneやAndroid端末と違い、パソコンの場合にはソフトウェアや周辺機器のメーカーが提供するアップデートを個別にインストールする必要があるのです。Windows 10にアップデートした後に、ソフトウェアや周辺機器に必要なアップデートを適用できない場合には使えなくなってしまう場合もありますので、よく使うソフトウェアや周辺機器は事前にメーカーのウェブサイトで対応状況を確認することをお勧めします。

また、一部のオンラインサービスでは、Windows 10へのアップデートを控えるようアナウンスしているケースがあります。特に高度なセキュリティが求められるインターネットバンキングやネット証券のオンラインサービスでは十分な動作確認ができていないことを理由に、現時点でWindows 10での利用を「不可」としている場合があり、よく利用するオンラインサービスについてもWindows 10での利用について特別なアナウンスをしていないか事前に確認するようにしましょう。

さようならInternet Explorer、おかえりなさいスタートメニュー

続いて、Windows 10の新機能などについてチェックしましょう。

大きなポイントは、Windows 8で姿を消してしまっていた「スタートメニュー」が復活する点です。Windows 8では、様々なアプリの情報がタイル状に並んだ「モダンUI」がメイン画面になり、従来のWindowsにあったデスクトップ画面はそのメニューのひとつになるという使い勝手の大改編があり、ユーザーからは賛否両論がありました。しかし、Windows 10では再びデスクトップがメイン画面になり、モダンUIで提供されていたアプリの情報はスタートメニューの中に表示される形になります。使いたいソフトの呼び出しやファイルの検索がかつての使い勝手に戻ることで、使いやすさが改善することが期待されます。
.
リリース目前のWindows 10、知っておくべき情報を総まとめ


また、マイクロソフトが1994年から手掛けてきたInternet Explorerに代わり、標準搭載のブラウザソフトがMicrosoft Edgeという新開発のソフトになる点も大きなトピックスです。かつて世界的なブラウザ市場はInternet Explorerがほぼ独占状態でしたが、現在はGoogle ChromeやMozilla Firefoxなどの新興勢力がその使いやすさやパフォーマンスの高さを武器にシェアを大きく伸ばしている状況。そこでMicrosoft Edgeはウェブサイトを表示する際のパフォーマンス(表示の速さや動作のサクサク感)を従来のInternet Explorerや競合の他社製品よりも大幅に向上させ、使いやすさと軽快感を追求していると言われています。

加えて、今後リリースされる予定の新機能が、Cortana(コルタナ)と呼ばれる音声アシスタント。これはAppleのSiriやGoogleの音声検索に似たサービスで、天気予報やスケジュールのチェックやウェブ検索などに活用できるようです。この機能は米国、英国、中国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインで提供を開始し、今後日本でもリリースされるとのことです。

なお、Windows 8で登場した「Windowsストア」は、Windows 10でも健在。今後は、パソコン、タブレット、スマートフォンといったマルチデバイスに、アプリだけでなくゲーム、音楽、映像コンテンツなどを提供する統合的なマーケットにしていくと表明しています。

リリース目前のWindows 10、知っておくべき情報を総まとめ

THE PAGE 7月26日(日)18時0分配信

アップデートの予約は簡単、でもご利用は慎重に

Windows 10へのアップデートを希望するユーザーは、現在使用しているパソコンのWindows Updateにアップデートの予約を促すアナウンスが出ていれば、そこから予約をするだけで7月29日以降に自動的にアップデートが開始されます。マイクロソフトのスケジュールではまず「Insider Program」というベータテストに参加したユーザーに優先的にアップデートが行われ、その後アップデートを予約したユーザー、全ての対象ユーザーへと段階的にWindows 10が提供されます。そのため、予約をしても29日にすぐ提供されるというわけではないようです。
.

リリース目前のWindows 10、知っておくべき情報を総まとめ


ただし、iPhoneやAndroid端末でOSのアップデートに馴染みのある人でもパソコンのOSアップデートは初めてというユーザーも多いのではないでしょうか。スマートデバイスと違い、パソコンのOSアップデートではいくつか注意すべき点があります。それが、パソコンで使用しているソフトウェアやデバイスドライバーと呼ばれる周辺機器を使用するために必要なツールのアップデートで、パソコン内に保存したデータのバックアップと併せて、OSアップデート前にチェックしておきたい重要なポイントです。

普段パソコンではオフィスソフトや画像編集ソフトなど様々なソフトウェアや、プリンターやスキャナー、外付けハードディスクやメモリーカードリーダーなどの周辺機器を使用していますが、これらのソフトウェアや周辺機器の動作に必要なデバイスドライバーは、OSをアップデートしても自動的にはアップデートされません。アプリストアで一括してアプリを更新できるiPhoneやAndroid端末と違い、パソコンの場合にはソフトウェアや周辺機器のメーカーが提供するアップデートを個別にインストールする必要があるのです。Windows 10にアップデートした後に、ソフトウェアや周辺機器に必要なアップデートを適用できない場合には使えなくなってしまう場合もありますので、よく使うソフトウェアや周辺機器は事前にメーカーのウェブサイトで対応状況を確認することをお勧めします。

また、一部のオンラインサービスでは、Windows 10へのアップデートを控えるようアナウンスしているケースがあります。特に高度なセキュリティが求められるインターネットバンキングやネット証券のオンラインサービスでは十分な動作確認ができていないことを理由に、現時点でWindows 10での利用を「不可」としている場合があり、よく利用するオンラインサービスについてもWindows 10での利用について特別なアナウンスをしていないか事前に確認するようにしましょう。

1