1. まとめトップ

iPhone 6sの強度はどうなる?iPhone 6の丈夫 頑丈 強固なケースまとめ

曲がりやすいiPhone6に比べ、iPhone 6sの強度はどうなるのか。噂を集めてみました。またiPhone 6の頑丈 丈夫 強固なケースをまとめています。壊れやすいアイフォンを長く使うためにハードケースを使ってみてはいかがでしょうか。

更新日: 2015年07月29日

attackaheroさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 7209 view
お気に入り追加

iPhone 6は耐久性に問題あったけど、気になる6sはどうなるの?

そういえばiPhone 6は脆かった。

iPhone 6sの強度についてはこのような情報が出ています。

iPhone 6sは「出ない」という声も?!

iPhone 6を長く使うために!

iPhone 6の頑丈!強固!なケースまとめ

全世界で累計販売枚数が100万枚を超える「BUFF ウルトラ衝撃吸収プロテクター」に、遂にiPhone6を360度を保護できるフルカバーTYPEが登場。
衝撃吸収フィルムカバー機能を付加することで、iPhone6の外観を生かしながら側面カーブまで保護できる、瞬間装着可能な『FACECOVER』です。

iPhone6より採用されたラウンドタイプの側面デザインは、従来のフィルム形状では全面をカバーするのが非常に難しいとされてきました。
「FACECOVER」ではBUFFの素材を使用したバンパーを新たに開発。iPhone6の破損の多くの原因である落下による縦方向の衝撃からiPhone6を守ります。
さらに液晶面の保護フィルムとバンパーを一体化させることで、液晶面、背面はもちろん前面端のラウンド部や側面まで、あらゆる角度からの衝撃からiPhone6を保護します。

【衝撃吸収】
このフィルムは、4つの層で構成され、それぞれが異なる機能を持っています。まず衝撃吸収クッション層と衝撃分散クッション層は、外部からの衝撃を二重構造で受け止めます。衝撃吸収クッション層は、ショックなどを吸収し、衝撃分散クッション層によってそのエネルギーを分散させます。

【引っ張り強度】
多くの衝撃フィルムが持っている一般的な弱点のひとつに、フィルムの伸びがあります。この引っ張り強度を克服したBuffのユニークなテクノロジーは評価されています。

【気泡放出】
気泡放出と再貼付可能なシリコン接着剤層によりユーザーが簡単にフィルムの装着ができます。この層は、フィルムに残った小さな気泡を自動的に排出する機能があります。

【スクラッチ保護】
特殊なスクラッチ・プルーフ・テクノロジーにより日常の擦り傷からディバイスを保護します。

【滑り止め効果】
滑りにくい皮膚感覚フィルムのため、あなたの手からiPhoneが滑り落ちるのを保護します。

【指の滑りの向上】
製品改良により指の滑りが向上し、iPhoneのタッチ操作が快適になりました。

【カードスタンド機能】
・ケース背面に刻まれた縦のラインに商品付属のカード、お手持ちのカード(*)を写真のように
 差し込むことで、カードスタンドとして使用することが出来ます。

1 2





attackaheroさん



  • 話題の動画をまとめよう