出典 www.philosophyguides.org

ジャン・ジャック・ルソー

〔 Jean-Jacques R. 〕[1712〜1778]フランス啓蒙期の思想家小説家。「人間不平等起源論」「社会契約論」などで文明や社会の非人間性を批判,独自の人民主権思想を説いてフランス革命の先駆となった。啓蒙主義を超えて,自然状態の理想化やロマン主義もみられ,全人教育論「エミール」,自伝的作品「告白録」,小説「新エロイーズ」など多面的な著作を残した。

大辞泉

この情報が含まれているまとめはこちら

(古代から近代にかけての)自然権(自然法思想・自然法論)とはなにか

プラトン・アリストテレス・キケロ・グロティウス・ホッブズ・ロック・ルソー・ヴォルテール・ヒューム・カント・バーク・ヘーゲル・ベンサム・ミル・トグウィル・モンテスキュー・ハミルトン・コンスタン・マルクス・ウェーバー本質主義/意思主義/自由主義/経験主義/保守主義/社会主義/共産主義

このまとめを見る