1. まとめトップ

バカうま!流行りの蒸し焼き枝豆を美味しく作るたった2つのコツ!

友人から教わった枝豆の蒸し焼きの美味しさにはまってしまったのでもっと美味しくしようと調べたことをまとめました。2つのコツを守るだけで美味しく作る事ができました!

更新日: 2019年05月09日

13 お気に入り 34044 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

totu3さん

▼コツ1 今日取れた枝豆を使う!直売所が狙い目!

畑併設の直売所で買うのが安く新鮮でオススメ!

また、最近は朝採れの枝豆がスーパーでも売っていることがあるので、こちらを狙うのもよさそうです。(ちょっと高い)

枝豆の“甘み”の正体は、ニンジンやタマネギなど、多くの野菜に含まれる「ショ糖」。そこで、前日収穫の枝豆と、採れたての枝豆のショ糖の量を計ってみると、なんと前日のものは半分以下に減っていたんです。

収穫後は枝豆の甘味は直ぐに減ってしまいます。これは収穫後の枝豆が生きるための呼吸にショ糖が使われるからで24時間後に半分に、48時間後には3分の1に低下します。

▼コツ2 フライパンで「弱火」で7分!

「茹で」と違って塩の量考えなくてよいのも楽チン!

1.枝豆を水洗いし塩を入れ揉む。これで味付け完了
2.フライパンに枝豆を入れ、フタをする
3.弱火で7分間、水洗いの水分と枝豆の水分だけで蒸し焼きに
4.途中フライパンをゆすり、まんべんなく火が通るようにする

何回か作った時の感想としては7分だと少し固いこともありました。各家庭の火の出具合もあるでしょうし、7〜8分くらいで微調整をするとよいと思います。

「蒸し焼きと塩茹ででおいしさが大きく異なるのは“糖の作り方”です。枝豆自身は元々、“麦芽糖(ばくがとう)”という糖を含んでおらず、これは加熱する過程で、酵素の働きで作られるものなんです」この麦芽糖を作る酵素は、50℃~70℃の間で活発に働きます。塩茹では、沸騰したお湯に入れるので一気に熱が加わりますが、蒸し焼きは徐々に豆に熱が伝わっていくため、酵素が長時間働くんです。

確かに蒸し焼きだと甘くて美味しい!トウモロコシのような甘さが生み出されます!

▼蒸し焼きの美味さにはまる人続出中!

フライパンで作る蒸し焼き枝豆、少し前に物は試しとチャレンジしてみたら思いのほか評判が良かったので、調子に乗ってまたやってみた。今回も旨かった。 pic.twitter.com/BbmecGHcPG

さてー、今週の地ビールはぁ、、、こちら!よなよな飲むよ、よなよなエール!(*´ー`*) どうもこのタイプの香りのエールビールは好みらしい。あとTLで見かけた枝豆の蒸し焼き。豆の味ダイレクト!(*´ー`*) pic.twitter.com/eB2pGsybf7

以前TLで見かけた『枝豆はフライパンで蒸し焼きにすると激ウマ』というのをやってみた。塩分がよく沁みて(゚д゚)ウマー!止まらん!惜しむらくはフライパンが塩と灰汁でけっこう汚れるので、洗い物は鍋で茹でる方が楽かな~。 pic.twitter.com/AYl3IVCJNh

二年くらい前にやったけど美味かったよ!!!またやりたい!!枝豆の蒸し焼き!! pic.twitter.com/HuffKjBKbv

▼まめ知識 枝豆=大豆

知らないとビックリ

▼まめ知識 でも最近は枝豆≒大豆

丹波の秋の味覚といえば!丹波黒豆枝豆(黒枝豆)収穫時期が、わずか2週間ととっても短い季節限定商品の黒豆の枝豆。本来、お正月用の煮豆用として有名な黒豆の、若い莢の時に食べるという、なんともぜいたくな食べ物が、丹波黒豆枝豆(黒枝豆)です。

スーパーにも最近並んでますね

普通の大豆の枝豆だけでなく、黒豆の未熟豆の枝豆なども人気がありますね。

1 2