1. まとめトップ

北海道函館アリーナライブ2015後のGLAYゆかりの聖地スポットの今

2015年7月25日(土)と26日(日)に函館アリーナこけら落としコンサートGMDN Vol.2があり、多くのファンが帰函してGLAYゆかりの聖地スポットに訪れました。2018年7月に予定されてるGMDN Vol.3を見据えて、過去を踏まえつつGLAYスポットの今現在の姿を未来に向けて綴っていきます

更新日: 2017年12月25日

966 お気に入り 1733366 view
お気に入り追加

函館アリーナで GMDN Vol.3 を演ることは今後、考えづらいですが、できるだけ早くに、アリーナツアーなどで GLAY がまたこの会場で凱旋ライブをしてくれることを願っています。

勿論、GLAY 以外のアーティストがコンサートを開催してくれることも…。


【追記】

2017年7月22日(土)と23日(日)に YUKI さんが「YUKI concert tour “Blink Blink” 2017」でファイナル公演のライヴ 2days を函館アリーナで開催しました。

12年ぶりに生まれ故郷の街での凱旋公演であり、函アリでは初めてのコンサートでした。そしてソロでの音楽活動15周年のツアーファイナルという大きな節目の時節に最後の舞台として函館を選んで下さいました。


2017年12月23日(土)と24日(日)に「GLAY ARENA TOUR 2017 “HAKODATE WINTERDELICS(函館ウィンデリ)”」と題して 2days のライブを演りました。

グレイは函館アリーナでは2回目の凱旋公演になります。

函館アリーナの入り口の前にあるのは、函館市民体育館の時代からあった「花時計」です。

まだ花は植えられてなくて芝生になっていますが、一面に花があると、下の画像のようにとてもキレイです。


▽ TEL 0138-21-3575

▽ FAX 0138-57-3142

▽ E-MAIL arena (at) zaidan-hakodate.com

  ※ (at) を @ に代えて下さい

▽ 開館時間 9:00~22:00

▽ 駐車場の有無 有り(有料)

▽ 休館日 年末年始、設備点検日(毎月2日程度)

▽ 住所 ↓

地元の人でも勘違いをしている方が多いようですが、

「函館市民会館」がなくなって「函館アリーナ」になったのではなくて、

「函館市民体育館」が老朽化によって取り壊されて、新しく「函館アリーナ」に

生まれ変わったのです。ご注意下さい。

因みに、函館市民体育館があった跡地の場所は函館アリーナの駐車場になっています

2015年8月1日(土)に、函館アリーナは正式にオープン(開館)しました。

▽ 公式サイト
http://www.zaidan-hakodate.com/arena/

函館アリーナでのライブ後に HISASHI さんが寄贈したギター(GUILTY)は函館市役所から函アリに移されて常設展示されています

メンバーのサインは特に人気が高いアイテムなので、特別に拡大画像も UP しておきますね

右にあるパネルと T シャツは2016年5月21日(土)と22日(日)に小田和正さんがコンサートをした時に寄贈されたアイテムです


2017年7月22日(土)と23日(日)に YUKI さんがライブを演った時の関連グッズは、展示スペースが無かったためか?1階のロビーには置かれていません

▼ 函太郎 宇賀浦本店

▽ TEL 0138-32-4455

▽ 事前予約の可否 不可

▽ 営業時間 11:00~22:00

▽ 定休日 12月31日と1月1日

▽ 駐車場の有無 有り

▽ カードの使用 不可

▽ 喫煙の可否 不可

▽ 公式サイト
http://www.kantaro-hakodate.com/shop/g_kantaro/shop.html#ugaura

▽ 備考 

  開店は1998年12月です

  テイクアウトはできます

  貸し切り使用はできません

▽ 住所 ↓

メンバーが地元に帰ってきた時にちょっと寄るという感じのお店でしょうか

一応、回転寿司チェーンの函太郎(かんたろう)さんの情報も UP しておきます

▼ 四稜郭近くの JIRO の宝探しスポット

1999年2月に発売された JIRO さんの「キャラメルブックス」の "Treasure Hunting at HAKODATE" の企画で紹介された、

四稜郭近くの山中に埋めたというお宝が今どうなっているのか?興味をもつファンの方がいるかもなので、一応、補足的に書いておきます。

JR函館駅からお宝スポットまでは自転車で2時間ほどの距離です。ガチめに遠いです。そして冬は4月後半までは雪に閉ざされている地域なので注意して下さい。(とゆうか安全のために行かないで下さい)

四稜郭を過ぎて山の方へ少し行くと、左にサンクスというコンビニがなんとか今でも在りますが、その先は途中から舗装されていないジャリ道(ケモノ道?)になります。

JIRO さんが実際にお宝を埋めたのは下記↓の地図でB地点の辺りで、C地点まで行くと函館市内を一望できる景色の良い場所(ビューポイント)に出れます。

でも、お宝があるのはあくまでB地点です。ご注意下さい。

小学校4年生だった和山義仁さんはある日、友達と自転車でA地点まで訪れて右へ少し進みましたが、その日は曇りであたりが暗くて怖くなって、そこで引き返しました。

お宝を埋めたところには当時、お宝とレンガ、看板などがあったそうですが、本が出てすぐファンが現地に殺到したので、これらは今はありません。

ただ、その辺りには今でも「お宝はここ!!」と書かれている折れた木や、大きな石などが残っている可能性があります。

それらの木や石には多くのファンが寄せ書きみたいにして熱いメッセージを当時、書き残しています。

その時に書いた文字や木、石などが、そのまま自然の中で残っている可能性はあまり高くないかもですが…。

また、B地点でもし湧き水なんかを近くに見つけても、飲める水かどうか?怪しいとのことなので、飲むのはやめましょう。

それから、このへんは急な坂やガケがあったりして、雪が降る季節にはホントに人気がない寂しい場所なので、安易に立ち入らないように今でもご注意下さい。

因みに、和山義仁さんがキャラメルブックスの企画でそこに埋めたお宝とは、ポラロイド写真3枚でした。

1999年当時にキャラメルブックスで書いてあったサンクスは、2015年11月にもなんとか存在してくれていました。

山の中に入っていく感じの道なので、もうお店はつぶれてなくなっているかもと思えたのですが、なんとか在ってくれて感動しました。


▼ サンクス函館陣川(じんかわ)店

▽ TEL 0138-32-3915

▽ 営業時間 24h

▽ 定休日 年中無休

▽ 駐車場の有無 有り

▽ 喫煙の可否 不可

▽ カードの使用 可

▽ 備考 ヤマト運輸の取り扱い有り

▽ 住所 ↓

このまっすぐのジャリ道を少し行くとA地点が出てきます。

この石や、↓の木がもし今も残っていたら、、感動して泣けそうですね…。

B地点で「お宝はここ!!」と書かれた、折れている木が見つかったら、かなり幸運な旅だと考えられます...。

【後日談】

因みに、JIRO さんのお宝を最初に見つけた人はその場で証拠写真を撮って東京にあるワッツイン編集部まで送ると、和山義仁さんからダブルプレゼントとして何かをもらえた企画でした。

・・・さて、当時の第一発見者は一体、何をもらえたのでしょうか?!

もしジロウさんからのプレゼントが何だったのか?知っている方がいましたら、下記までお知らせ下さい。

知らせて下さった方には、追って、当方からも何かお礼をさせていただきます。

よろしくお願いします。


E-MAIL glay_spots_hakodate (at) yahoo.co.jp

※ (at) を @ に代えて下さい

1 2 ... 28 29 30 31 32