1. まとめトップ

北海道函館アリーナライブ2015後のGLAYゆかりの聖地スポットの今

2015年7月25日(土)と26日(日)に函館アリーナこけら落としコンサートGMDN Vol.2があり、多くのファンが帰函してGLAYゆかりの聖地スポットに訪れました。2018年7月に予定されてるGMDN Vol.3を見据えて、過去を踏まえつつGLAYスポットの今現在の姿を未来に向けて綴っていきます

更新日: 2017年12月25日

966 お気に入り 1733228 view
お気に入り追加

▽ ともえ大橋

「ホワイトロード」のPVで、2人で自転車で走る印象的なシーンが映し出された場所です。海岸線やJR函館駅、函館山などがすぐに見えて、素晴らしいビューポイントになっています。

▽ 函館市立弥生小学校

「ホワイトロード」のPV撮影でロケ地になっていた場所で、GLAY スポットなのですが、それとは別に2013年7月の緑の島野外ライブの時に

大嵐で電車が止まったりして函館から帰れない人達が出た際に、函館市が急遽、この弥生小学校を無料の宿舎として開放してくれた機会もありました。

当時、JR函館駅などで一夜を過ごすしかなくなっていた、宿泊先を確保できてなかった人達へ毛布などを地元の人が用意して下さったりして、とてもムネアツに感じられたエピソードを覚えています。

GMDN Vol.1 の時の大変だった様子については、こちら ↓ に記録があります

▽ 旧北海製缶株式会社函館工場の跡地

「ホワイトロード」のPVを撮影したこのビルは「北海製罐(せいかん)株式会社函館工場」が正式名称で、函館創業の水産会社「ニチロ漁業」の製罐(製缶)部門を担当していた会社の工場ビルです。

「ホワイトロード」が2004年12月8日に発売されて、2005年頃にはタクシーの観光ツアーなどで訪れる GLAYER さんもいましたが、2006年にこのビルは解体されています。

因みに、MVを撮影する時にロケのコーディネーターを担当して協力して下さったのは「カフェやまじょう」の店長である太田誠一さんでした。

リーダーの TAKURO さんが弾いているこのピアノは、屋上に出るドアをスペース的に通れず、そしてエレベーターでもモチロン運べないので、

「ホワイトロード」のPV撮影のためにクレーンでつり上げて屋上に運んだというエピソードが有名でしたね。

このビルを見て「ホワイトロード」を思い出す GLAYER さんも、今でもけっこういるのでしょうね…。

〒040-0051 北海道函館市弁天町30 の住所は、左図で赤枠で囲まれている部分で、海辺にあります。

現在は建物(ビル)が無くなっていて、ま印水産という会社が管轄している月極の駐車場になっています。

▽ ㈱ま印水産の連絡先 TEL 0138-26-8371

画像は2014年6月当時のモノで、すっかり建物がなくなっていて広大な空き地になっている?という予想でしたが、実は月極駐車場として土地が利用されていました。

▽ 遺愛(いあい)幼稚園

遺愛(いあい)幼稚園は「ホワイトロード」のPV撮影地となった、遺愛学院付属の私立の幼稚園です。場所(住所)は函館ハリストス正教会のとなりです。

この辺りの洋館はレトロな雰囲気の建物が多く、見た目(景観)の美しさが有名です。

▽ カフェやまじょう

「カフェやまじょう」さんは「ホワイトロード」のPV撮影でロケ地となったお店で、カフェの他に「茶店バー」でもあり、お酒も飲める場所です。

店主の太田誠一さんは GLAY の「ホワイトロード」MVの他にも、函館で撮影されたドラマや映画などに関わってきた

ロケコーディネーターとしての顔をもっていらっしゃる方で、今までの色んな楽しいレアなエピソードを聞かせて下さるかもしれませんね。

実は「カフェやまじょう」は TAKURO さんが推している「函館カールレイモン」のとなりのお店で、訪れたついでに両方、楽しんでほしいですね。

1 2 ... 25 26 27 28 29 30 31 32